ダレノガレ明美「もちろん陰性でした!」あらためて報告し「私の記事を書いたフリー記者の方みてますか?」とチクリ

 モデルでタレントのダレノガレ明美(29)が31日、自身のインスタグラムに薬物鑑定の証明書の写真をアップした。ダレノガレはニュースサイトの「AERA dot.」に薬物使用を印象づけられる記事を掲載され、抗議するとともに潔白を証明するため自ら毛髪検査を受けていた。

 まず結果は同日のTBS系「サンデージャポン」で公表され、放送後、証明書を持つ自分の写真と、証明書のアップをそれぞれ公開した。「薬物鑑定 証明証」にはコカイン、覚醒剤、大麻など5項目がすべて陰性との結果が記されている。

 ダレノガレは「もちろん陰性でした! 沢山の応援の声ありがとございます。しっかり潔白が証明され、皆様に報告でき、幸せ気持ちです」とつづり、「私の記事を書いたフリー記者の方みてますか?」と締めくくった。

続きはこちら

  • dllko*****

    朝日新聞社は、本件について、社説で説明すべきだと思います。他人の不祥事については、徹底的に叩くのに、自社の不祥事については、“完黙”する姿勢は報道機関としては絶対にあってはならないことです。また、他のメディアも、本件について正しく伝えるべき。一人一人が、ジャーナリストとしてのプライドを持って!

    • yfwui*****

      そのフリーの記者って誰なん?名前さらせよなー。でなきゃフェアじゃない。

  • ejxdv*****

    出版社は「取材しました」と言えば責任逃れでき、誤報で名誉を傷つけられた側が反論や検査などして身の潔白を証明しないといけないとなると、書かれた側の不利益が半端ない。取材源の秘匿を隠れ蓑に根も葉もないねつ造記事を書くことに何の罰則も課せられないなら、せめて誤報であった旨の謝罪広告くらいは隅っこに小さく一度きりでは無く表紙や一面に大々的に複数回載せるようにしないとバランスが悪すぎる

    • hoxf*****

      そのフリーの記者ってのはコソコソ隠れてないで表に出てくるべき。

  • xthu*****

    朝日新聞の記者は会見を開きなぜこういう報道をしたのか説明責任が必要では?何で吉本芸人と社長には厳しくて、大手メディアは検察庁とズブズブでも、捏造報道しても何も責任をとらされないの?

    • bdlmk*****

      ダレノガレさん、少しだけユーモアを交えてくれていて、読む方はその分ライトに読んでしまうが、これは大変な人権侵害だし、報道媒体による恐ろしい暴力。ダレノガレさんだからこうやって徹底的に防衛できたのであって、普通の人は社会的に抹殺されたり正常な精神状態でいられない可能性だってある。今般のテラハ問題と何らレベルが違わない深刻な社会問題。何故朝日新聞とアエラ、そして書いた記者はきちんと会見を開いて釈明をしないのだ。おかしいだろう。

      • obeor*****

        だいぶ傷つかれたようやから、個人的には賠償金も払うべきじゃないでしょうか。記事によって、信じた方の人間もどれだけかわからないけど多数います。大人の誠実な対応として、ゴメンだけで済ませていい事案とは思えません。ダレノガレさんが請求すると、脅迫とか言うならば、記者側が払う。それくらいしないといけないでしょう。記者さん見てますか?

        • ehz*****

          裁判による損害賠償請求なら脅迫にはなりません。

        • vnlj*****

          記者は氏名と顔写真晒されても文句は言えないと思う。

      • bkyr*****

        Aera.dotの編集長とライターは記者会見を開いて謝罪するべきだと思います。ある程度大きなニュースにしないと、捏造記事を打ち消す効果はありません。

        • dlvk*****

          激しく同意。

      • nsv*****

        根拠なく悪いことを記事にするのは、最近話題になっている誹謗中傷と何ら変わりはないのでは?書かれた側は不利益を被り、書いた側はこうやって身の潔白が明らかになれば自分たちも不利になる。誰も得しない。

        • euzje*****

          適当な記事書いて名誉毀損する会社はとことん晒していきましょう。あと、ややこしいタイトルの記事とかもフェイクニュースに近いことしてるので何とかしてほしい。

          • glxu*****

            この時期に陰性でしたってきくとコロナかと思ってしまう。この人あまり好きじゃないけど、マスコミとしっかりたたかってほしい。この件だけは応援してます。

            • rph*****

              このフリーの記者は当然ながら、これを記事にした出版社自体許される問題ではない。刑事・民事の両方から名誉を挽回できるよう対応せい。

              Uncategorized

              Posted by jinchangz