日韓関係崩壊の「真の意味」とは…日本企業が相次いで韓国企業との取引停止

日本との決別宣言

「私たちは日本とは違う道を進んでいきます」

韓国の文在寅大統領は7月9日、韓国中部の利川(イチョン)市にある大手半導体企業SKハイニックスの工場を視察した際に演説し、こう高らかに宣言した。

2019年7月、フッ化水素など3品目について日本政府が韓国向け輸出管理を強化して以降、韓国では官民挙げて「NO JAPAN 」「脱日本」が叫ばれ、日本への敵対心・対抗意識が高まったままだ。その間、日本製品の不買運動が巻き起こり、日本から輸入していた素材・部品の国産化や調達先の多様化が進められてきた。

規制強化からちょうど1年となる2020年7月、韓国政府やメディアからは「日本の輸出規制に打ち勝った」「こんなにも国産化が進んだ」「苦しんでいるのは日本だ」との声が相次いだ。冒頭の文大統領の演説もその文脈でなされた「日本との決別宣言」あり、韓国国内の素材・部品・装備産業の飛躍と国際社会との協力こそが「韓国の道」だと強調したのだ。【画像】「京アニ火災…」日本製品不買デモ参加者が掲げる日本語メッセージはコチラ

「日本企業は関係を切らない」との楽観論

このような韓国政府の姿勢は、「国内向け」の面がある。輸出の伸び悩み、若者の失業率の高止まり、天井知らずの不動産価格など、韓国政府の経済政策には国民の不満がたまっており、日本への強気の姿勢は格好の「ガス抜き」だ。

また韓国の経済専門家らに話を聞いてみると、日本による輸出管理の強化後もきちんと申請すれば輸出許可は出ている事から、「実際にはそれほど経済に影響は無い」ということは、早い段階から韓国側は理解していたようだ。それでも強く反発したのは、「韓国を植民地化した『加害者』である日本が、『被害者』であり道徳的に上位な韓国を攻撃するような政策をとるのはけしからん」という心情的な理由が大きい。

また韓国では、輸出管理強化は「輸出規制である」と断定され、いわゆる徴用工を巡る訴訟で2018年10月に韓国最高裁が日本企業に賠償を支払うよう命じた事への報復であるというのが既成事実化されている。報復なのだから、妥協したり折れたりしないという事だ。

日本製品不買運動を繰り広げ、いわゆる徴用工を巡る問題で有効な解決策を示さない韓国側の対応について、「日本企業が韓国から手を引いたら大変な事になるが、そういう危機感はあるのか?」と前出の専門家らに聞いてみたのだが、大半は楽観的な答えだった。彼らが自信の根拠にしているのは、日本企業との数十年にわたる協業関係と、人と人とのつながりを重視する文化の相似性だ。そう簡単に日本企業は長年付き合った韓国企業を切るような事はしないので、大丈夫という自信があるようだった。だが、現実はそう甘くは無い。

続きはこちら

  • edrx*****

    どことなりと行ってください、日本はこんな非常識な国との関わりは絶つべきです。後に泣きついてきても一切助けるべきではない。

    • mrtr*****

      現金化と同規模の範囲で報復か。確かにそうなるでしょうけど、残念だ。ここで決めたかった。記事では企業や投資の動きを、日本人の感情をくすぐる様に書いてるがまだ推測の域を出ない感じ。想定通りに韓国離れが進むように文さんのやらかしがもう一個くらい欲しいな、なんて思ってしまう。最後の決定打的な。借金は返しません的に、いっそハッキリ言わせてしまえば、同規模の報復が出来るという事かな。

    • twb*****

      今の韓国の大統領は血族の多くが北朝鮮側にいる。もちろん、北朝鮮は中国と通じている。だからこそ、いまの韓国自体をできるだけ弱体化させる方向へ動いている。日本に対する文句は言いつつも好条件を少しずつ引き出すのが賢いやり方だったはずなのに、一気に中国の尖閣・沖ノ鳥島・琉球諸島に対する態度と同じような態度をとっていることから明白である。

  • iuqx*****

    日本企業は韓国にこだわる必要はありませんからね。他にいい相手がいるなら、取引変更は普通のことだと思います。

    • hvpm*****

      輸出管理強化を「輸出規制」である、と早々に断じているのは、国内の報道機関なんですよね。安倍政権への批判も含め、国内の一部報道機関特有の、韓国側への過剰な擁護の姿勢からなのでしょうが、この「輸出規制」と断じたことで韓国政府から交渉・譲歩といった平和的な選択肢を奪い去った、というのは皮肉でしょうか。

    • mqr*****

      文政権の経済音痴はまだ仕方が無いとしても、最大の売りのはずの「人権」「民主主義」においてもまやかしが多く、自分たちの陣営の知事たちが起こしたセクハラ問題には沈黙し暗に擁護さえしてるので海外メディアからも皮肉られている。また就任当初「国民の批判は甘んじて受けるつもりだ」と言ってたが、経済失政以後出て来るようになったマスコミの批判的論調には圧迫の姿勢でのぞんでおり、マスコミも御用新聞化している。前政権からの交替劇がそもそもサギ師の茶番であり、演出であり、実態は単なる権力奪取に過ぎなかったわけである。そのような状況で文政権はひたすら現実無視の観念論と口八丁で国政を運営しており、韓国はもはや糸の切れた風船のようなものといえる。空気だけで飛んでおり、誰もいない大海原に墜ちるか、空中で破裂するか、誰も分からない。

  • ipl*****

    「日本への強気の姿勢は格好の「ガス抜き」だ。」わが日本がそんなガス抜きの餌食にされっぱなし、、というのはもうやめた方がいいでしょう。いうべきは言うダメなものは駄目と当たり前のことをはっきりというべきです。穏便に?大人の対応?それが今までどれほどあの国を付け上がらせてきたか。もうこういう、譲歩外交はやめる時です。

    • mkwx*****

      彼の国状況は衆愚政治のモデルケースみたいなもんなので我々としては一番身近な他山の石とし日本政府は安易な「ガス抜き」には走らず忍耐強く粛々とした対応を続けてほしい。このまま関係悪化が進むと日本サイドもバランス取ろうとしただけで「売国奴だ!」とヒステリックな反応が台頭しかねないが、彼らが情緒的な対応に傾けば傾くほど日本の地道な対応はコントラストが高まり国際社会で信を得られるはずだと信じたい。

    • nsnoo*****

      人のせいにする国。自分を責める国。これらが取り引きしたら毎度毎度どう言った事になるか?日本国民は解っているが、日本政府、メディアは解っていない。

    • bvj*****

      資産売却でも何でもどうぞご勝手に。こちらは正々粛々と今度こそ本当に経済報復するだけ。大丈夫だよ。強いんでしょ?日本に勝ったんでしょ?日本無しでもやれるんでしょ?なら利害関係一致したやん。お互い疎遠になろうや。地理的に一番近くて、外交的に銀河並みに遠い国同士に。

  • quaij*****

    >ある日本政府関係者は「日韓関係が根本から崩れる意味を>韓国政府は理解していないのではないか」と嘆くなぜ嘆くのでしょうか?根本から崩してもらいたいです

    • rjrjh*****

      カントリーリスク、まさにその通りです。冷静に考えてもこの先信頼関係を築くことは不可能。日本人は敵だと教育しているような国だから。未来はありません。徐々に関係を断ち切るのが肝要かと。一気に断絶すると、向こうは大騒ぎしますからね。

      • tdx*****

        日本国内の韓国大好き勢もこのカントリーリスクに含まれます。在日問題、外国人学校無償化問題、農産物不正輸出、偏向報道挙げていくとキリがない。反社対応やコロナ対応同様に目を逸らさず対応すべき。身近な人を大切にできない人は隣人と真に仲良くなんかできない。浮気を繰り返すパートナーと仲良く同居できる人はそうはいない。例えいても、その人自身がパートナー以外の身近な人を不幸にする。ネグレクトと一緒。

      • mosj*****

        既にカントリーリスクもコマーシャルリスクも高まってるので、報復以前の措置としてMETI(経産省)の貿易保険料率を上げたらよい。

      • vec*****

        韓国と何度かビジネスしたことありますが反日無罪の影響なのかわからないですけど信用でやった部分は全部裏切られて終わりましたなので大手企業は恐らく裏切れない環境を構築してビジネスしてたと思いますが、それが政治問題で無効化されるとなると撤退しかないと思います