「アルヴェル」の明暗を分ける!? トヨタ内で人気車・不人気車の格差が生じたワケ

国内の新車販売で長年トップを独走するトヨタ

 日本でもっとも多くクルマを販売しているメーカーはトヨタです。

 2020年1年から7月の統計を見ると、トヨタは日本国内で約81万台の新車を売りました(OEM車を含む)。2位のホンダが約36万6000台ですから、トヨタは2倍以上の差を付けて販売1位を独走しています。

【画像】超豪華すぎる! 1500万円のトヨタ「アルファード」のインテリア(31枚)

 過去を振り返ると、1962年までは乗用車については日産がトヨタより多く販売しましたが、1963年以降は乗用車、総台数ともにトヨタが一貫して1位です。

 ただし現在のトヨタの国内シェアは、軽自動車を含むか否かで大きく異なります。軽自動車を除いた小型/普通車に限ると、2020年1月から7月の累計で、トヨタ比率は48%に達しました。国内で売られた小型/普通車の新車は、約半数がトヨタ車です。

 その一方で、軽自動車を含めた総台数では、トヨタ比率は31%に下がります。2020年1月から7月に国内で売られた新車のうち、37%が軽自動車だったからです。

 小型/普通車が圧倒的に多いトヨタは、日本で好調に売れている軽自動車を含めると、シェアが大きく変わるのです。

 トヨタの小型/普通車におけるシェアが安定して45%を超えるようになったのは2006年以降です。この時代に軽自動車の国内販売比率も30%を上まわり、小型/普通車市場でトヨタの強さが際立ってきました。

 ほかのメーカーの動向も、トヨタのシェアに大きな影響を与えました。1990年頃まで、国内と海外の販売比率は、トヨタを含めて各メーカーとも各50%ずつでした。

 ところが2000年頃になると、各メーカーとも海外販売比率を65%に高め、国内は35%へ減少します。海外の旺盛な需要に押され、小型/普通車の商品開発が海外中心になり、国内の売れ行きを下げたのです。

 このときに急速に普及を開始したのが、スズキ「ワゴンR」、ホンダ「ライフ」、ダイハツ「ムーヴ」「タント」といった背の高い軽自動車でした。

 軽自動車は国内向けの商品なので、日本のユーザーから高く評価され、日本を離れた小型/普通車とは対照的に売れ行きを伸ばした結果、新車として売られるクルマの30%以上が軽自動車になったのです。

「小型/普通車は海外向けに造り、国内市場は軽自動車と一部のコンパクトカーやミニバンに任せれば良い」と考えるメーカーが増えるなかで、トヨタだけは軽自動車を用意しません。

 後にダイハツのOEM車は加えましたが、2000年代に入っても小型/普通車に力を入れました。

「エスティマ」や「ヴォクシー&ノア」のようなミニバンで売れ行きを伸ばす一方、カローラ、クラウン、「マークX」などのセダンも堅調でした。SUVも「ハリアー」、「ヴァンガード」、「RAV4」、「ランドクルーザー&ランドクルーザープラド」をそろえました。

続きはこちら

  • bwvnh*****

    アルベルに関しては好みの問題なのでしょうが、法人使用が増加した今日では、アルファードの方がそれに適したデザインということも少なからず影響しているのかもしれませんね。

    • dwxp*****

      日本で軽が爆発的に売れているのに、軽を主力に売るメーカーはそれほど利益が出ていない。もちろん最近はコロナの影響もあるが、実は軽1台当たりの利幅はかなり小さく、クラウン1台分の利幅を得るためには軽10台売らないと合わないと言われている。利幅の少ない軽は子会社に任せて、利幅の大きい高級車を含む登録車を販売するトヨタは業績面で非常に有利なんですね。

      • nrcv*****

        兄弟車があることで片方のデザインが市場に受け入れられず売れなくなっても片方が売れればリスクは抑えられる。それを無くし一本で勝負するということはもし失敗したらそのジャンルが売れない・求められていない→必要ないと判断され更に縮小されかねない。他社の勢いが無いだけにトヨタの判断が1つ間違えれば国内の自動車に対する考え方が恐ろしく衰退する可能性も少なくないと思う。

        • hualr*****

          マイルドヤンキー御用達。好き嫌いは別にしてあの厳ついフロントマスクには少し抵抗がある。アルファードベースのレクサスが登場するような話もあるがもう少し大人しいデザインでも良いような気がします。

          • yfffb*****

            アルヴェルはシーソー関係。一つのパイを好みで配分してるので、デザイン性向が現状はアルファードのものが好まれている。個人的に現行ヴェルファイア のエアロモデルはゴテゴテし過ぎに思う。アルファードもそうなのだが、ヴェルファイア は直線ベースで構成されてるので悪い方に際立つのかなと思う。まぁ、個々人の好みの問題だが。

            • qem*****

              ヴェルファイアは格下のヴォクシーに似てる顔が、マイナーチェンジでカッコよくなったアルファードに逆転される要因では?それはともかく、今後は車名を(仮に)アルファードに一本化したとしても、バリエーションの中でヴェルファイア顔(の二種類)を設定するんじゃないかな?

              • ynddp*****

                全チャンネル全車種販売になったんだから、兄弟車のどっちが売れてどっちが売れないはあまり関係ない気がしますね。そのうち車種統合されて元の車名はグレード名とかになるのではないかと思います。

                • gkhtp*****

                  いまだにネッツ店でハリアーを販売って多少違和感あるし営業マンも先日「新型ハリアーも取り扱い致しましたので」と電話があった。客の強みは見積もりをアチコチの店舗から取れる。そこから選んで購入するのもアリ、長い付き合いとか別として。

                  • hmlvo*****

                    ミニバン好きのヤンチャな方々にとって若い時には新車のVOXYに乗ることがステータスであり、あがりの車はアルファードだそうです。トヨタは人間のそういう部分をくすぐることに非常に長けている感じですね。

                    • cli*****

                      今はいきなりハリアーが主流ですね

                    • qugxv*****

                      いつかはクラウン。カローラ、コロナ、カムリ、クラウン。出世魚か。

                  • oxaak*****

                    トヨタは多くの車種作り過ぎでは?もっと減らして再編すれば売上げ効率も更に良くなると思うけど。価格の割に中身が安っぽい日産のような車が最近増えた、中身のコスト削減していけばトヨタを見切るユーザーも増える、かつての日産のように。

                    くるまのニュース

                    Posted by jinchangz