W王手藤井棋聖「寄せで誤算」大逆転負け危機を反省

将棋の最年少タイトルホルダー、藤井聡太棋聖(18)が最年長タイトルホルダー、木村一基王位(47)に挑む第61期王位戦7番勝負の第3局が4、5の両日、有馬温泉(神戸市北区)の老舗旅館「中の坊瑞苑(ずいえん)」で行われ、先手の藤井が木村を破り、3連勝で史上最年少2冠にあと1勝とした。王位を獲得すると、史上最年少での八段昇段の記録を同時に達成する。第4局は19、20の両日、福岡市の「大濠公園能楽堂」で行われる。

   ◇   ◇   ◇

神戸・六甲山の山峡にある有馬温泉。老舗旅館街にある「中の坊瑞苑(ずいえん)」の貴賓室。遠くにセミの鳴き声が聞こえる対局室で、2日間にわたり、「史上最年長VS史上最年少」の激闘が繰り広げられた。

ほぼ互角で迎えた2日目、仕掛けたのは藤井だった。正午前、57手目で先手4五歩と指し、本格的な戦いに突入した。中盤、藤井が鋭い踏み込みから、巧妙な手順で攻めをつなぐ。粘り強い強靱(きょうじん)な受けから「千駄ケ谷の受け師」の異名をもつ木村は、徹底的に受けた。終盤戦、切れ味鋭い攻めを連発した藤井が、木村の受けを振り切った。

開幕3連勝にも笑顔はない。「寄せにいったところで誤算があり、その後、負けにしてしまったかもしれない。厳しかった」。最終盤の攻防戦、あわや大逆転負けの局面を振り返った。

藤井にとっては7月16日に最年少の17歳11カ月で初タイトルを獲得してから初めての番勝負だった。大舞台で約80年前の昭和初期に指された「土居矢倉」を採用した。昭和のレトロな戦法に現代風のアレンジを加え、令和の時代によみがえらせた。

師匠の杉本昌隆八段(51)は言う。「まさにコロンブスの卵です」。だれでも思いつきそうなことでも、最初に行うことは難しい。将棋界の未来を背負う18歳は、研究した手を果敢に実戦でぶつけた。

初タイトルからわずか3週間で2冠に王手をかけた。数々の最年少記録をつくってきた高校プロは「羽生超え」も視野に入れた。史上最年少2冠は羽生善治九段(49)が持つ21歳11カ月。今シリーズを制すれば、この記録を大幅に更新する。

2冠を獲得すれば日本将棋連盟の八段昇段規定「タイトル獲得2期」を満たし、八段に昇段する。最年少八段は「ひふみん」こと、加藤一二三・九段(80)が持つ18歳3カ月。第4局に勝てば、18歳1カ月での記録更新となる。

第4局は2週間後、舞台は福岡だ。「ここまでの将棋の内容を反省し、いい将棋を指したい」。天下人・豊臣秀吉がこよなく愛した有馬の名湯で疲れを癒やし、2つ目のタイトルを目指す。【松浦隆司】

◆王位戦 将棋の8大タイトル戦(ほか名人・竜王・叡王・王座・棋王・王将・棋聖)の1つ。1960年(昭35)創設、初代王位は故大山康晴十五世名人。予選を経て、紅白各6人1組の挑戦者決定リーグを開催。トップがリーグ同星で並んだ場合は、挑決進出者を決めるプレーオフとなる。紅白各組のトップ同士が挑戦者決定戦を行い、勝者が挑戦者。タイトル戦は7番勝負の2日制で全国を転戦し、先に4勝した方が獲得する。

【対局VTR】

◇第1局 7月1~2日(愛知県豊橋市「ホテルアークリッシュ豊橋」) エース戦法の角換わり腰掛け銀で挑んだ先手の藤井が積極的に踏み込んで攻めまくり、地元で快勝した。初日の封じ手の場面では、封筒を脇息(きょうそく)に置いて署名する「新手」も披露。初めて体験する2日制7番勝負を白星で飾った。

◇第2局 7月13~14日(札幌市「ホテルエミシア札幌」) 先手の木村が相掛かりに誘導。お互いに時間を使う展開で、藤井は初めて「封じ手」を体験。2日目の夕方、木村がようやくペースをつかんで攻勢に出たが、寄せ損ねる。劣勢から反撃に転じた藤井が、大逆転で2連勝。【表】ひふみんが1位 八段昇段年少棋士ベスト5

続きはこちら

  • sjqd*****

    勝ってもまだ反省し、探求する気持ちが強い藤井棋聖は次の福岡で二冠を決めるのか?それとも、木村王位が一矢報いるのかが楽しみです

    • kfdo*****

      有馬温泉ではなく、城崎温泉に来るべきだったね!

    • vowto*****

      上位の人は引退覚悟で対戦して欲しい

    • lvctm*****

      強者は、弱者からも学び、弱者は強者からさえも学ぼうとしない。

    • dcoaq*****

      まだ高校生。勝っても謙遜し、リスペクトの心。大人でも見習いたいね。そして木村さんの反撃にも期待したい。ただ「羽生(さん)超え」は書きすぎ。分野が違う。

    • csu*****

      藤井棋聖が播磨灘のようなキャラだったら面白いのにな。

    • cuc*****

      勝ってもなお反省点を洗い出して次につなげる姿勢がとてもいい。

    • fdq*****

      「羽生(さん)超え」は書きすぎ。分野が違う。」「羽生」は、はぶ、はにゅう。記事は将棋の羽生(はぶ)、スケートの羽生(はにゅう)とは当然分野が違うよ。

    • qyfic*****

      珍しく詰めを間違えそうだった!今までの藤井棋聖の信頼が相手の判断を鈍らせる!

  • ispvm*****

    研究の成果をぶっつけ本番でやってしまう度胸が凄い。逆を言えば、そのくらいのことをしなければ、普通にやったのでは勝てないという、木村王位の強さを認めている裏返しでもあるのかな。

    • qxu*****

      研究の成果を本番で使う。全員そうなのでは?

    • axflv*****

      好きな事があるのは、良いこと。

    • fnr*****

      それをタイトル戦で使う生粋の「勝負師」ですね。

    • uvzyo*****

      強さを認めるっていうか相手タイトルホルダーだから強さは推して知るべし

    • pks*****

      いえいえ、木村王位の弱点を見極めた結果であっての作戦です。結果的に古い戦法の選択に見えただけです。

    • yqcnk*****

      その位の秘策がないとタイトル戦は戦えないんだろうね。いゃ〜楽しい夏をありがとう!

    • zsl*****

      藤井棋聖は木村さんだけを特別視している訳ではありませんよ。渡邊二冠にも敬意をしめしていましたし、藤井棋聖が負け越している棋士もいます。

    • cysqt*****

      そんなこと囲碁将棋では当たり前のことですよ。他の対局や研究で先に見せたらあっと言う間に研究されちゃいますから。誰でもそうです。

  • ppv*****

    加藤一二三の八段は順位戦を順番に登り詰めてでの八段だからな。加藤の記録は破られないだろう。しかし藤井の八段はタイトルを2つ取っての八段だ。この記録も簡単には破られないだろう。

    • usnnr*****

      加藤翁、藤井棋聖。

    • trgxt*****

      18歳2冠、18歳A級。どっちも化け物。神武以来の天才級。

    • vsyv*****

      藤井八段と呼ばれることはないんじゃない?

    • npn*****

      8段だって幻で終わるよ。段位のインフレ化が凄まじいからもし10段が創設されれば、下手すれば9段も…。

    • mayk*****

      タレントの時はひふみんでいいと思うけど、将棋の時は加藤先生って呼ぶことにしてる。

    • izjo*****

      当方、30台のアマチュアですが今から偉大なお二人の記録を更新する意気込みで頑張ります

    • dqv*****

      段位に注目するのは、ミーハーなマスコミと視聴者だけでいいでしょう。将棋ファンなら段位ではなく、トップ棋士として見ています。

    • mvpj*****

      九段の昇段規定だけ変えてほしい。タイトル獲得が条件 とかで一目で九段はタイトルを取ったことがある強者とわかるように。ながーーーくやれば取れる段位ではなくして欲しい。

  • ervs*****

    藤井棋聖には2つ目のタイトルを取ってもらいたいが、まだまだこの神々しくさえ見える戦いを続けて欲しいので、木村王位も応援します。こんなに素晴らしい戦いを生放送で見られる良い時代ですね。視聴者数がとんでもない数になっており、驚きです。

    • ocbaa*****

      対局場に直接陽が当たるのは何とかしてくれ。初日に改善要望があったのに二日目も対局者の顔に陽が当たっていた。見ている方も相当イライラしたぞ。

      • gulhh*****

        いやぁもう2分しか残っていないってところでほぼ互角に戻ってしまった時は見ている私もとても辛かった。若干18歳なれど藤井棋聖の芯の強さに敬服します。あの時心の中では「負けにしてしまったかも」と泣きそうだったのに、必死に耐えて闘ってたんですね。藤井棋聖をこれからも応援していきます

        • xodm*****

          木村の段位は本当にそれだけの価値がるのかと思わせる程の格の違いを見せつけた。

        • sgocz*****

          木村さんが勝っても良いでしょ。

        • ecm*****

          精神力、ハンパないですね。すごい️

        • dxjti*****

          藤井棋聖に、本当にそれだけの価値があると思わせる程の戦いを見た。

        • act*****

          普通は悪手が悪手を呼ぶと言われるほどズルズルいくものらしいですけど…藤井棋聖は精神力も桁違いですね。

      • pdoho*****

        長考派の二人の1分将棋は面白い。それにしても藤井棋聖のミスの後のリカバリーは凄いね。

        • yra*****

          私も終盤、ん?これ後手玉捕まえられないんじゃないの?とヒヤヒヤしながら観てました。

        • minsm*****

          手持ちの金と盤上の金を使って、後手玉を逃がさないように対応したところ、さすがでした。

        • rzi*****

          藤井さんプロになったころは早指しだったのに気づいたら長考派になってるね。

      • yiixb*****

        藤井棋聖の将棋は実に面白いですね。後手番はまだしもこの若さの棋士がタイトル戦で毎回戦型が変わる。順位戦ではまったくイメージのなかった穴熊まで披露。その全てが勝ちにつながるようなクオリティ若くして強い棋士はいるがここまで多様な戦型を取る棋士はいなかったのでは。20代になる頃には新しい戦型をあみだしそう。おじさんのファンも多いわけです

        • rhwxp*****

          お遊び程度のヘボ将棋ではまぁまぁ勝てるが、プロの将棋はさっぱりわからん。投了時の詰んでいる状態でも王を取れないということはよくある。それを見て面白いと思えるのは、それはそれですごいと思う。