【独自】中国軍、インド側カシミールに「兵士滞在用の小屋」建造か

 中国とインドの両国にまたがるカシミール地方のインド側支配域の一部で、複数の建造物が設置されていることが、米通信衛星運用会社が撮影した衛星写真の解析でわかった。インド国防省幹部は、この地域に入った中国軍が設置したと主張している。

 7月29日に撮影された衛星写真では、標高世界一の塩水湖であるパンゴン湖北岸の道路沿いに、赤や青の建造物が点在している。印誌インディア・トゥデーによると、白い建造物は12戸あり、兵士が滞在するプレハブ小屋だとしている。桟橋付近には中国軍の青いボート約10隻が係留されているという。

 カシミール地方は国境が未画定で、両軍は長年、衝突を繰り返してきた。6月には両軍兵の衝突でインド兵20人が死亡した。両軍は7月、パンゴン湖周辺などに緩衝地帯を設け、両軍の立ち入りを禁じることで合意した。印国防省幹部によると、実際には13日の時点で中国軍は湖周辺から撤収していない。この幹部は「合意に違反している」と語った。(ニューデリー支局 小峰翔)【写真】戦後75年 小笠原 沈んだ戦禍

続きはこちら

  • jhfb*****

    静かなる侵略を開始しましたね。戦略的な建物を増やし、支配して行く。第2次大戦時の日独よりたちの悪いやり方ですね。遺憾を訴えている場合ではない。そろそろ目を覚まして欲しい。

    • iczok*****

      中国共産党は、太平洋戦争での日本の戦い(失敗)をよく研究しているというからね。日本は真珠湾なんて大失敗をしてしまい、アメリカと真正面から戦う羽目になってしまった。中国は、したたかにアメリカとの直接対決をさけ、手に入れられる所を最小限の力で抑えている。

    • hkv*****

      これで例えば小屋を爆破すると、インドが先に攻撃してきた、と中国は主張して攻めてくる。先制攻撃はインド、という主張は正しい。ではその時に武器を持っていなかったらもっと武力なき侵略は進む。話し合えば分かる、と人は何千年繰り返してきたのか。悲しいかな、今の科学と英知ではそれを打破するすべはないように思える。特にコロナにより国と国の繋がりが薄くなった今は危機的状況だ。ならばそれが解決されるまで「次善策」を用意しなければ、その前に自らの身を滅ぼすのだ。

  • mfq*****

    どうせ何もして来ないだろう。ならば、主張し、実効支配したもの勝ちだ。現社会では、強行策による実効支配に対しても、平和的解決を模索するしかない世界世論を中共は利用している。

    • zvb*****

      普通なら中国は戦わずして勝つってやり方をすると思うんだが、あと二十年ぐらい待ってアメリカより十分強くなった時やった方が世界も何も言えず効率がいい。要は全て習近平の手柄にしたいって事なんだろうか。

    • odgk*****

      インドが甘すぎる中国側の言うことなど、一切信用してはならないカシミールは中国の領土となるだろう

    • ayrl*****

      利用しているのは、国連の常任理事国の地位も。巨悪の中共。人類の敵。

    • otxh*****

      やった者勝ちの状態ですね、、。尖閣は地続きでないのが、何より。外堀の効果は絶大です。かつての元寇の際も大きな効果を示した。もちろん、鎌倉武士の活躍も大きい。 気の毒なのは、対馬、隠岐の島民。さんざ、虐殺された、。さて、尖閣もいきなり、上陸されてキャンプでも張られたら、日本は、それでも、「大使読んで、遺憾を伝える」のでしょうか??

  • fptv*****

    本当に中央の戦略に基づいてやっているのだろうか。だとしたら、この時期に四方に敵を作る愚かな事だ。土地争いして奪ったとして、どういう落とし所を狙っているのだろう。まさか、力で世界から支持と尊敬を得られ、今後中国が安全に発展していくと考えるているのだろうか。やってることが満洲軍の暴走に被って見えるのは私だけだろうか。

    • jcviw*****

      日本陸軍が冷静な判断能力を失っていったと同様に、習近平等も、今や、正常な判断能力を失って来ている可能性がある。「一帯一路」、「太平洋を中央で二分割し米中で管理」、等と言う世界覇権への<欲望>に目が眩み、狂い始めていると思われる。今も言われている、コロナは中国の細菌兵器説、も真実の可能性がある。断じて、習近平中国を、放置していてはいけない。世界平和の為に、葬り去る必要がある。

    • ohu*****

      こういった別の意見が見れてよかった確かにあるかも戦争をしたい勢力というのは中国にもいるのだろうし引き金を引くとしたらそいつらかもその時の国家主席は飾りでしかない

    • ldy*****

      戦争一歩手前だからここまで来ると中国が遠慮する理由がない。ただし息もきれている。でもやったほうが得という考え方です。戦争でなくとも経済戦争状態です。これに負けたとき、中国は代償を支払う必要があります。でも代償を支払う前に、尖閣カシミールも香港も台湾も全部手を出して強引にとれるところまで盗る。その上で、代償としてその一部を返却する流れ。中国にしてみれば、マイナス1で終わりではなくて、これから+3して最終的に−1されても、+2で終われる。外交はお互いに妥協しようって終わり方になります。そういう意味でいろんなことを強引にやってきます。

  • oit*****

    中国はこのインドに限らず、アメリカやオーストラリアとも揉めているし香港も同様。共産国家である国が経済力を持ち、軍事力を強化したのが過去の貧乏な共産国家とは異なる点。経済・貿易を人質にやりたい放題。トランプが再選したら軋轢は増して戦争危機で、トランプが落選したら、中国が世界の覇権を握る。どちらにしろ世界の二大国家が皆が願う形に成長していない気がしてならない。各国は中国から生産拠点を移すべきです。経済面が大変だが世界中が中国離れをしないと、自由主義は守れない気がします。先進各国は、過度の中国依存は避けた方が良いし避けるべきですよね。世界は中国に対して徹底的な対応をすべき時で、もちろん日本も習近平の国賓来日は中止にすべきでしょう。アメリカに続き、イギリスやオーストラリア、インドも本気で中国排除に舵を切ったから、この中国包囲網に日本も参加すべき時が来ている。

    • zygt*****

      もう4年前だったか、自称とある未来人のスレッドがある。常に志村けんの物真似をしていて、しかもいつも崇拝していた。所詮、変な頭の人が運営しているんだろうなと思っていたが、今年志村さんが亡くなって流れは一変した。彼は亡くなるのを知っていたのかどうかは謎だけど、常に一人だけ特にリスペクトしていて偶然にも思えない。その情報筋が言うには、2020年代半ばぐらいからとある国で、戦争が起き、尚且つ未来の世界地図では中国が消滅していて、インドが治めているらしい。詳細は影響を及ぼすので言えないらしいが、このニュースを見ると点と点は普通に繋がるんだよね・・

    • qor*****

      中国包囲網には民主国家グループにロシアを加えるべきだろう、中国はロシアとの国境線が長い、南シナ海で海戦が始まれば中国軍は海岸線への防御を手厚くする、しかしこのロシアが中国の適であれば海岸線の防御が内陸部と分散されどちらも手薄になる。中国はこれを一番の警戒していると思う、だからロシアを西側へ如何に引っ張って来るかが、中国封じ込めの要となる。

読売新聞オンライン

Posted by jinchangz