岡本健一と上白石萌音が森光子さん舞台「放浪記」映像で森光子さんとバーチャル“共演” 

 女優・森光子さん(12年死去、享年92)の生誕100年の記念特番が制作されたことが21日、分かった。俳優の岡本健一(51)、上白石萌音(22)が、それぞれ過去映像とバーチャル共演して舞台「放浪記」の名場面を再現したNHK BSプレミアム「森光子生誕100年~放浪記 永遠のメッセージ」(28日・後10時)として放送される。

 女流作家・林芙美子の半生を描き、61年の初演から同一主演同一演目として史上最多2017公演を積み重ねた「放浪記」。名場面の再現にあたり、第三幕「尾道」で芙美子の初恋の男・香取恭助役を岡本が演じる。客席から何十回と見て「やってみたかった」という6分ほどの場面。森さんの映像は、菊田一夫氏から受け継いだ三木のり平氏が初めて潤色・演出を手掛けた81年のものが使用された。森さんは当時61歳だ。

 岡本にとって舞台「深川しぐれ」(97年)など共演は2度あるが、それ以上に、まだ20歳を過ぎた頃「蜘蛛女のキス」(91年)を観劇に訪れた森さんと初めて出会い、上演後に抱きしめてもらったことを鮮明な記憶として呼び起こす。撮影前には墓前に参り、時空を超えた“三度目の共演”を報告。「次は『放浪記』で(共演)と思っていた。今回のお話をいただけたことで、少しでも認めていただけたのかな」と受け止めた。

 撮影時は森さんの“姿”はなく、声に対しての演技だった。それでも、実際に隣にいるかのように「汽笛の音を聞いて、森さんが、林芙美子さんが見た景色を一緒に見られた感じがした」と感慨に浸った。

 また森さんが長セリフを聞かせる第二幕二場「女給部屋」、でんぐり返しで有名な第四幕二場「渋谷の木賃宿」で、上白石が過去に八千草薫さん(19年死去、享年88)らが演じた悠起役を務める。映像は05年もので、岡本の場面とともに、かつてのスタッフが担当した衣装や実際の小道具を使った撮影。「目指すべき女優像」という存在の森さんに「時を超えてお会いできたような気持ちになりました。本当にこんなことってあるんだなと」と特別な感情を言葉にした。

 ◆黒柳徹子、東山紀之、堂本光一らが当時を証言

 記念特番では名場面のバーチャル再現のほか、森さんと関わりの深かった人物の“証言”として、森さんの「放浪記」へのこだわりや知られざる一面が語られる。出演するのは晩年の様子を最も知る黒柳徹子(87)と東山紀之(53)に堂本光一(41)、井上芳雄(41)ら。また29日(深夜0時15分)に、森さんが89歳の誕生日を迎えた09年5月9日の公演を収録した「放浪記 奇跡の2000回」(11年)が再放送される。

続きはこちら

  • jtjx*****

    舞台を舐めてんのか?過去映像に現役俳優を差し込むとか、頭沸いてるんか。当時の映像をそのまま流せよ。舞台は、座長と共演者と観客が作り上げる一期一会の紡ぎごと。後から弄って改竄するなんて以っての外だ。まじ腹立つわー。

    • kyxdw*****

      懐かしいですね。姉が岡本健一さんのファンでした。塾に行ってる時間にVHSの録画頼まれてたわ。

      • yrqbb*****

        森光子さんをバーチャルにさせる価値があるのか疑問。

        • hczzw*****

          東山をとても気に入ってたよな。

          • lxvf*****

            故人のバーチャルは違和感でしかない。

            • ffx*****

              放浪記のでんぐり返しと言えば、森光子さんです。

              • avwpt*****

                イッツタイムゾーンですね。

                • qpbje*****

                  舞妓はレディーの演技は、びっくりするほど酷かったけど、、、数年で随分、上達したよね、笑笑

                  • gjtcl*****

                    権力にすり寄るジャニタレの嫌らしさが観て取れる。

                    • bhv*****

                      森光子に関しては、逆に若い男子たちが好きすぎて彼女がすり寄っていってましたね〜だから、いつまでも若々しかったのかな

                  • bel*****

                    上白石萌音  顔デカっ!

                    スポーツ報知

                    Posted by jinchangz