「貯金は7月に尽きた」 50代女性 派遣終え5カ月 再就職めど立たず  <新型コロナと沖縄>

 新型コロナウイルス感染症の影響が非正規労働者の不安定な雇用を直撃している。那覇市在住の50代女性は3月末に派遣の契約が切れた。求人が減る中、再就職先を見つけられずにいる。「貯金は7月に尽きた。いつ仕事に就けるか分からないから、借金は増やしたくない」。就職のめどが立たず、先行きが見えない不安を語った。 

 女性は母親と2人暮らし。20代から40代まではホテルで接客をしていたが、8年ほど前にうつ病を患い離職した。以降は生活保護を受給し、約10年かけてようやく働いたところだった。

 2019年9月から病院のデイケアで給食を作る派遣業務に従事し、20年3月末で契約満了となり退職した。感染拡大の影響で求人が減り、就職活動は難航している。以前の職場に戻ることも考えたが、感染拡大でデイケアは利用中止となり、仕事量や就業時間は半減した。「少ない時間を働くよりもスキルを身に付けたい」と別の道を考えた。

 現在、単発のバイトや日雇いの働き口を探しているが、仕事は見つからない。「スキルがないから仕事の幅も狭まる。コロナで現場も教える余裕はなく、企業は即戦力を求めている」と寂しそうに話した。

 離職を機に生活保護を申請したが、貯金や特別定額給付金で預金残高が増え、11月まで受給は先延ばしになった。同時期、県外で働く弟が派遣切りに遭った。「弟には読み書きができない障がいがある。再就職先を探すのは弟の方が大変だ」と、女性は母親の分と合わせた特別定額給付金20万円を弟に送金した。

 預金は7月に底を突いた。見かねた母親が那覇市社会福祉協議会から緊急小口資金を借り入れた。「旧盆が終わるまでの一時しのぎ」と女性はため息交じりにつぶやいた。昨年10月の消費増税、今年6月末までのキャッシュレス決済に伴うポイント還元の終了前にそれぞれ缶詰などの保存食を買い込んだ。光熱費数カ月分は手元に残している。「家賃は2カ月ごとで払うつもりだ。自分を少し追い込めば頑張れる。母の年金で食費はつなぐ。でも、家賃や光熱費は3カ月以上滞納はできない。その間に職を探さないと」と女性は前を見つめた。

 ハローワーク那覇には足しげく通っている。「冬までには仕事を見つけたい」。そう話した表情は期待と不安が入り交じっていた。 (比嘉璃子)

続きはこちら

  • ibqv*****

    年齢を重ねれば健康不安だけでもストレスなのに金銭的な不安も重なればどれだけのストレスか明日は我が身

    • nacy*****

      観光ありきな沖縄は厳しい…。その観光地も今は厳しい。仕事やだなぁ…と思っても、いざ働くところが見つからないと途方に暮れる。

    • wnrj*****

      失業したら失業手当と貯金でやっていかなくてはならないが、国保は減免してもらっても1回目は万単位で取られる。国民年金も将来のことを考えたら払いたいが払えないので免除してもらうしかない。それに加えてこれまた万単位で住民税を取られる。たとえ会社都合でやめても容赦ないですよ!

    • hgcd*****

      バブルがはじけて日本中から仕事が消えた時に失業して、それ以来現在に至るまで再就職は出来ませんでした。誰も助けてくれません。仕方が無いのでやむなく起業。70歳を越えても何とか夫婦で食べていける収入はあります。本当に誰も助けてくれませんよ。全て自己責任だと心の底から思いました。

  • jevg*****

    仕事が少ない地域で中高年だと再就職は厳しいですね。万が一、仕事がゼロの地域になったら、他の地域に引っ越すか、生活保護を受給か、どちらが正しいのか考えなければいけないでしょう。それと同様のことが中高年には起きやすいでしょう。例え仕事があっても、できる能力が無ければ同じです。

    • ylvaa*****

      何とも冷酷なコメントだね、実態はその通りかも知れないが、それを何とか解消するのが人類の知恵だろうかな。人類が誕生して数千から数万年と云われているが、あまり変わりないね。

    • sne*****

      どう考えても間違いです。持ち家も無くて、失職、弟も職を失った。障害者の弟ならば余計、生活保護受給出来る筈。給付金を貰って生活保護受給出来ないは、本末転倒。絶対違う。一律給付金は、全ての人対象。生活保護受給者にも当然権利ある。一律給付金受給したから、その間生活保護受給は後回しは、役所の誤り。なるべく早急に、生活保護受給に詳しいNPOの担当者と一緒に行って、再度申請して欲しい。役所によって生活保護受給申請の対応がまちまち。ほんとに酷い話し。

  • wver*****

    派遣の実情を、政府は理解してないですよね。セーフティネットが弱いし、きちんと働いて生活してきた人が守られないというのは、どうかなと思います。あと、短期契約の繰り返しで、失業給付の対象になってない方への給付とかないんですよね。仕事が見つかるまで給付をしないといけないですよね。

    • dgz*****

      小泉、竹中以降の大企業優先の自民党政治の継続で、今後も老後が厳しい人の割合が増えていくだろうし、全世代型社会保障という聞こえだけは良い政策で、一部の富裕層を除いて老齢者に厳しい状況が加速していく。

    • fax*****

      元々、社会保障を企業に丸投げしているから失業をきっかけに誰でも貧困に陥る可能性がある。それと引き換えに正社員の解雇が法的に厳しく制限されていたから、誰でも正社員になれた時代はまだ良かった。今さらだけど労働者派遣法は絶対に成立させてはいかなかった。派遣は雇用の流動性が高い欧米では賃金含め労働者が一方的に弱い立場になり難いが、雇用の流動性が低い日本では労働者の立場が極めて弱くなる。

    • lfvgo*****

      自分も同じ目に合い求人が無い中失業保険が切れる日をビクビクしながら生活してます。求人はあるんです。ただフルタイムじゃない物や頻繁に募集している求人がほとんど。たまに自分に合う求人が出ても年齢や転職回数、直近が派遣という事で面接までたどり着かないのが現状です。

  • ivcs*****

    こういう現状を加藤厚労省は理解してないらしい。困っているのは観光業と飲食店のバカの一つ覚え。政治家の金持ちは視野が狭すぎて役に立たない。失業率1%上がったら自殺者何人って統計あるけど、結局コロナで職を失って自殺した人数ってどうなってんだろ?

    • jed*****

      そういう意見なら批判の対象が違うんじゃないの?政府はリスクがあっても経済回して行こうって方針でしょそれを邪魔して妨害しているのはマスコミと野党だから視野が狭いとかの話じゃなくて、経済回すならまずは一番落ちてて地方で重要な産業の観光と飲食ってだけでしょ真っ先にやらなきゃいけない政策で、それですら連日 まだ早い だの 急ぎすぎて駄目 だの言われて潰されてるんだからさマスコミが妨害しなければ、倍の利用者が見込めてずいぶん経済は良くなったと思うよ急いで直ぐにやらなければ、こういう人が9月以降に一気に増えると分かっているから政府は急いだんだよ邪魔をしたのはマスコミだ

    • jejm*****

      txw8852>ホントそれ。コロナに感染するか、収入源を失った先に死ぬか。だったらコロナに感染した方が生き残れるチャンスがあるだけマシだ。ただ、これに関しては日本政府がいくら制限を解除したところでどうにもならない。世界中が同じように「コロナ?構ってらんないわ!それより経済回せ!」と言いださない限り、平常に戻ることはあり得ない。それもこれも、全部中国共産党とテドロスが悪い。連中が初動でちゃんと動いていたら、あるいはウイルス発生や流出を隠蔽工作なんてしなかったら、今頃みんな、普通の日常で仕事しながら過ごしていたはずだ。中国共産党とテドロスに全部賠償させるべきだと思うね。