売れなくても攻めていた! 個性豊かだった頃のホンダ車5選

アイデア満載で斬新なデザインのホンダ車を振り返る

 ホンダは、1948年に浜松市で「本田技研工業株式会社」として創業。自転車用補助エンジンの生産からスタートしました。その後、本格的なオートバイの生産をおこない、1963年には同社初の4輪自動車となる軽トラックの「T360」を発売し、4輪自動車メーカーとしての歴史が始まりました。

【画像】ブサかわいい? ホンダの個性的なクルマをささっと見る!(24枚)

 さらに、1964年には日本初のF1マシンを製作し、F1グランプリに参戦するなど、技術屋として世界中に知られる存在になります。

 ホンダはクルマを作り続けて60年近く経ちますが、現在の主力車種は軽ハイトワゴンの「N-BOXシリーズ」やコンパクトカーの「フィット」、SUVの「ヴェゼル」、ミニバンの「ステップワゴン」です。

 一方、これまでセールス的には成功したといえませんでしたが、数多くのユニークなモデルも世に送り出してきました。

 そこで、1990年代から2000年代に登場した、個性的なホンダ車を5車種ピックアップして紹介します。●HR-V 現在ヒット中のヴェゼルに先駆け、1998年にデビューのが「HR-V」。コンパクトカーの「ロゴ」のシャシをベースに仕立てられたクロスオーバーSUVです。

 ステーションワゴンタイプの2ドアボディに大径タイヤを装着し、最低地上高を上げることでSUVらしさを表現し、伸びやかなサイドビューとキャビンが低くデザインされたスタイリッシュなフォルムとなっています。

 搭載されたエンジンは最高出力125馬力を発揮する1.6リッター直列4気筒VTECと、VTEC非搭載で105馬力を発揮する1.6リッターの2種類の仕様を設定し、駆動方式はスタンバイ式の4WDのみです。

 当時は斬新なスタイルで話題となったHR-Vでしたが、やはり2ドアのみだったことと特徴的なフロントマスクは好みが分かれ、「CR-V」ほどのヒット作にはなりませんでした。

 1999年には4ドアモデルが追加されて使い勝手が向上し、2001年にはVTECエンジンの2WDモデルを追加するなど、バリエーションを増やしましたがヒットすることなく、2003年には2ドアモデルの販売を終了し、2005年には4ドアモデルも生産終了となり、一代限りのモデルとなりました。

 なお現在、ヴェゼルは海外ではHR-Vの名で販売されています。

続きはこちら

  • owfgz*****

    エディックスは子供乗せるには最高少人数で乗るにも前列真ん中の席は何かと便利乗ってみると普通のミニバンよりも使い勝手がいいところは沢山あるよ当時だと横幅が広い印象だったけど今ならこの位のサイズは普通だから売れてもおかしくない最近はこの手のデザイン人気あるしね

    • ecqpq*****

      日産RB、トヨタ1JZ、1KZに乗り現在エリシオンプレステージ3.5ですが乗るまではホンダなんてと思っていましたがVTECいいですよ。SOHCでもよく回るエンジンです。車の出来は非常にいいです。多少ブッシュ系が他社より弱くへたるのが早いですが。。ホンダに対する見方が変わりました!

      • abch*****

        先日エディックスを手放しました。17万キロ走行で足回りの交換が必要、ATの不具合。しかしそれ以外は特に目立った故障もなく、バッテリー交換などの定期的なメンテナンスで済みました。ただ2リッターだったので車重に対してのエンジンの非力さが目立ったかなと。車内は割と広かったですね、子供を前席の真ん中に座らせたらTVや動画見せなくても喜んでました。小さい子供がいる世帯にはコンパクト(ミニバンよりも)で良いのでは。いまはカローラツーリング のHVですが、とにかく狭い…比べてはいけないが。

        • mdmo*****

          アヴァンシアのスポーティーグレード、ヌーベルバーグを購入検討したが、結局購入に至らなかった。理由はナビ、オーディオがクソすぎたから。当時ナビはDVDが主流の中で、未だにCDナビ。社外品のハイエンドはHDDタイプの時代でした。ナビ画面もエアコンの操作兼用だったから、純正は外せず、社外ナビ取り付けはダサいオンダッシュしかなかった。また、オーディオも異形1DINの為、通常の1DINオーディオですら、社外品は取り付け出来なかった。外観と足回りはスポーティーで、室内は広々で良かったんだけど…

          • kig*****

            私は初代オデッセイをインテグラから買い替えた、子供が生まれてすぐだったので、車内が広く乗りやすかったなぁ。16年乗りました、10万キロには、いかなかったけど、それ以降はトヨタ車だったけど、今はまたホンダ車です。

            • axvhc*****

              初代シビックは、若い技術者が欲しい車を作ったら売れた、という話は聞くし、初代シティ、オデッセイ、ステップワゴンなども、新しいジャンルを切り拓いたモデル。なかなかこういうモデルが出なくなったのが90年代以降、2000年代のように思う。売れなくて苦戦するのは、SUVブームだからとか、他社で売れてるから作れという、受け身の企画が多いのかな。

              • iab*****

                若い技術者が欲しい車がまさにN-BOXなんでしょうよ。ホンダは。

            • iias*****

              エレメントは時代を先取りしすぎたかな。今なら2.4Lから2.0L若しくは1.5Lターボにエンジンを変更すれば日本でも売れそう。

              • boift*****

                「バモスホンダ」(初代) も、よく市販できたなと思われるホンダらしい一台。『ホンダ・TN360』をベースに、オープンタイプの軽ピックアップトラックとし、乗員用のドアの代わりに転落防止用のガードパイプが装備された。また、シートは前/後席ともベンチシートで、シートベルトは2点式と、遊園地のアトラクションのような出で立ちだった。さらに、スペアタイヤを車体前面にマウントし衝突時の衝撃吸収を図っていた。ベースのTN360がMRだったこともあり、軽量ボディと相まって、空冷2気筒360ccエンジンでも軽快に走行できた。高速道路を走行中のバモスを見かけたことがあるが、ドライバーはさすがに緊張気味だった。

                • jnmlz*****

                  ステップワゴンより大きくアルファードクラスより小さく 値段が 安ければ 絶対売れるアルファードやハイエース NV350やエルグランドなどに 対抗する車を作ってくれたら 買うなー しかし 今の車は値段が高すぎる  400万以下で 買えるわけがない  昔は 250万で高級車買えたのになぁ

                  • vlngf*****

                    ここで紹介された車が売っていた時期も「ホンダらしくない、冒険心がない」と自動車雑誌は書いていたと記憶しています。

                    くるまのニュース

                    Posted by jinchangz