菅義偉首相はやれば必ず勝てる解散総選挙をなぜやらないのだろうか

永田町では解散風がビュービューと 

この文章を書いている9/23現在、東京には台風12号が接近しているらしいのだが、永田町ではすでに強風の「解散風」がビュービューと吹き荒れている。

メディアによる菅内閣の支持率は60%を超え70%台の社もある。安倍前首相側近の下村自民党政調会長は「自民党の若手はほぼ全員が早く選挙をやってもらいたいと思っている」と述べて菅首相に早期解散を求めた。【画像】ただの「勘」なのに「当たる」と評判の青木率とは

「青木率」が100を超えている!

自民党には「青木率」というフシギな数字がある。これは元官房長官の青木幹雄氏が編み出した数字で、内閣支持率と政党支持率を単純に足した数字が100を超えると現有議席を確保できる、というもの。統計的根拠は全くなく青木氏のただの「勘」らしいのだがこれがよく当たるのだ。逆に50を切るとその政権は崩壊する。これも当たる。

この青木率が世論調査を見ると軒並み100を超え、中には120を超えている社もある。つまり青木率によると選挙を今やれば自民党の現職議員は全員当選することになる。だから下村氏の言うように「若手は全員早く選挙をやってほしい」と思っているわけだ。

解散が好きではない菅首相

これに対し菅首相は「新型コロナの感染拡大防止と経済の両立にまずは全力をあげて取り組んでいきたい」と述べ早期解散には慎重な姿勢を示している。

2008年の麻生内閣で、早期解散論が麻生首相以下大勢の中で、菅氏が一人だけ「今はリーマンショックの後始末をすべきで解散する時ではない」と主張し、解散論を無理やりねじ伏せたのは有名な話。しかし結果は任期満了に追い込まれ自民党は惨敗してしまった。つまり菅氏のせいで負けた。

その後の安倍政権でも麻生氏が常に早期解散を主張するのに対し、菅氏は慎重論を唱えてきた。つまり菅氏は解散があまり好きではないらしいのだ。

ただ解散は勝てる時にしないと絶対にダメだ。その理由については元大阪府知事の橋下徹氏が「菅氏の任期は残り1年。改革に抵抗する人達は時間切れを狙う。4年の任期を得て大きな改革をやるために解散総選挙は重要、必要。」と述べていることに尽きる。

政治空白はもちろん作らない方がいいのだが、もし国民が菅氏に改革を期待しているならここで解散総選挙をして民意を確認するというのは一つの方法だ。

「総裁選では政治空白を嫌って党員投票をしなかったのに、解散総選挙をするのはおかしい」という人が時々いるのだが、

1)首相は国民が選挙で選んだ国会議員が投票で選ぶのが民主主義
2)安倍退陣の後すぐに後継を決めないと「権力の空白」ができ有事の際に心配
3)解散総選挙をしても首相や閣僚はいるから政治空白はできない

ということを実はみんなわかっているのではないか。

だから菅さん、早く解散した方がいいと思います。

【執筆:フジテレビ 解説委員 平井文夫】

続きはこちら

  • cqhp*****

    このタイミングで解散することが国民に与えるメリットはなんでしょうか?コロナに経済、オリンピックなどなどやらなければならない事は山ほど残っています。国民のために働く内閣を宣言したのだから、第一に国民のためになるかどうかを考えるべき。勝てるから解散をする?冗談ではありません。勝てるからを理由に解散するのは自分が勝ちたいという欲望の塊です。

    • psie*****

      東京のGoTO解除もしたことだし選挙もできない非常事態ってわけでもない。首相交代をしたから選挙で国民の信を問うって最もな理由では?アベガー!の人もそれこそ安倍路線継続に反対できるでしょう。

    • ahtfm*****

      安倍政権の継承だけの菅内閣に民意の御旗を与えて安定させると言う意義は大きいと思うよ。抵抗勢力は一年弱の我慢だと舐めてるから4年有ると思えば抵抗しにくい。菅政権が良い内閣ならね。

    • mkga*****

      党利党略はどうでもよいですが、総理大臣が代わったのだから国民に信を問うべき。単純な理由です。解散に反対する意味がわからない。

    • wbm*****

      日本では総理大臣は国民が選ぶことはできない。したがってそもそも総理が変わったから選挙で民意を問うという発想が根本的に間違っている。

  • yscrq*****

    また平井か、こいつの解説は薄っぺらくて読むに値しない。政治家は選挙に勝つためにやってるわけじゃない、仕事をして成果を上げてこそ価値がある。選挙のことしか考えていない小沢一郎みたいな政治家は税金の無駄なんだよ。菅が選挙しないのは仕事したいから、それになによりもコロナ対策を優先すべきと考えてる。選挙優先ではなく国民のことを第一に考えてる証拠だ。

    • ybror*****

      仕事師の菅さんとしては、内閣として何の仕事もせず支持率が高いだけの解散、てのが嫌なんだろう。せめて秋の臨時国会で、三次補正や内閣の目指す方向に道筋を立ててから、なんじゃないのかな。それから解散でも遅くないと思う。三次補正で定額給付金再給付を決定したら、それだけで充分勝てる要素だし。消費税減税は無理っぽいから、なら代替案のコロナ対策、景気対策としては、もうそれしかない。

      • moe*****

        コロナで非常時だから党員投票を省いたのに、衆院選はこの時期にやってもいいの?実績より期待に基づく支持率は、筋の通らないことをすれば脆いと思う。

        • ouq*****

          このタイミングで解散するメリット。いま、逮捕されて塀の中にいるくせに、職業を「衆議院議員です」などと戯言を言い続けている元法務大臣なんかが選挙準備にかかれなくて立候補できずに終わる、あるいは立候補できても必ず落選して今度こそ職を失う…このくらいでしょうか。

          • mffuo*****

            菅政権の支持率が高い=選挙で必ず圧勝なのでしょうか。特に安倍チルドレンと呼ばれる当選回数の少ない若手議員は、早く解散して選挙して欲しいでしょう。総理もおっしゃっているように、先ずはコロナ対策など現状を収束させることが重要だと思います。もちろん野党から解散を求められれば、国民に民意を問う戦いは大義を持ちます。おそらく多くの国民は即時解散ではなく、世論調査のとおりに「新政権に直ぐに働いてもらいたい」だと思います。慎重に判断した方が良いのでは?

            • zziy*****

              解散の匂いがでてきたら支持率なども今のままいかない可能性もある。安倍政権の末期は厳しい雰囲気になった。結局支持率なんて雰囲気でしかなく、特に菅内閣はできたばっかりである以上雰囲気に左右されてしまう。もちろん政権交代などはあり得ないが、現有議席をそのまま維持できるかどうかもわからない。そうなると変に解散はしない方が国民にも実績を見せてアピールできる

              • osird*****

                またとんちんかん平井の戯言か。菅さんの解散総選挙に打って出ない理由を説明しよう。菅さんは本当に国民のために喫緊の課題克服に全力をかけようとしている。そして一年間実績成果を挙げて任期満了に伴う解散総選挙をして国民からの審判を受けようとしているのです。狙いは2つ。1つは長期安定菅政権確立。2つめは政治屋長老である麻生、二階に引導を渡し政界から完全排除する狙い。今解散総選挙を行い取り敢えず勝ってしまうと麻生二階は永久に排除出来ない。麻生二階もそれがわかっているので執拗に早期解散を発信しているのだ。菅さんは後進には国民目線でしっかり働き汗を流せる若手政治家を継がせる流れを作りたいと考えているはずだ。

                • vkd*****

                  君の作文も相当頓珍漢だね。菅くんの言ってる事をそのまま信じるって、良く言えば純粋だけど…。

                • jfb*****

                  だったらいいけどなー、そううまく行くかなー?

                • nvbz*****

                  来年になったらオリンピック中止やコロナ不況が待ち受けてるのだから、支持率は確実に下がると思うけど…期待外れが露呈した時に選挙したら確実に議席減らすはずですよ!派閥の力で総裁になった以上、派閥の声には逆らえず今年中に解散総選挙に打って出るのでは?

              • qbqg*****

                客観的言えば記事の通り。今選挙すればリスクもなく勝てるでしょう。自民党総裁選時に政治的空白云々とは矛盾するけど、解散権は総理の権利なのでそれはそれでいいとは思います。しかし新政権発足後新しい改革路線へ着実に舵取りしスピード感を持って望んでおられます。まず仕事をさせてくれという言葉の通りです。記事の中にもあるように、過去にも解散が遅れて下野したという経験があっても安易に解散しないというのは優れた見識だと思います。逆に言えば今解散せずにcovid19に関する対応をキチンと行い、行政改革を進めることができれば、もう野党の手の届かないところまで行くことができます。菅さんはそれを目指してるんだとすれば頑張って欲しいものですね。