登場したことで何が変わった!? 大きな転機となった車5選

メーカーが大きく変わったきっかけとなったクルマを振り返る

 カール・ベンツが内燃機関を搭載した自動車を発明して以来、130年もの歴史が刻まれました。日本でも本格的な自動車製造が始まったのは大正時代で、すでに100年以上経ちますが、長い歴史のなかでは革新的なクルマや、画期的なクルマが誕生しています。

【画像】これ全て名車! 歴史を動かした偉大なクルマを見る(21枚)

 これまで数多くの国産車が登場していますが、時にはメーカーにとっても大きな転機となったようなクルマも存在。

 そこで、それまでのコンセプトや概念を大きく変えたモデルを、5車種ピックアップして紹介します。●トヨタ12代目「クラウン」 トヨタは1955年に初代「トヨペット クラウン」を発売。まだ庶民がマイカーを持つことが夢のような時代に、すでに高級車としての風格がありました。

 その後、クラウンはトヨタを代表する高級車として代を重ねますが、大きくコンセプトが変わったのは、2003年に発売された12代目です。

 外観はそれまでの保守的なデザインから、フロントノーズをスラントさせたスポーティなイメージに一新。全体のフォルムも、重厚さよりも軽快感を強調しています。

 また、シャシも変わり、エンジンは直列6気筒を廃止して全車V型6気筒を搭載。足まわりもフロントがダブルウイッシュボーン、リアがマルチリンクとなり、乗り心地を犠牲にすることなく、安定したスポーティな走りを両立。

 トヨタ自身も12代目を「ゼロ・クラウン」と呼称し、新たなスタートを切ったことをアピールしました。

 現行モデルは2018年にデビューした15代目で、12代目以降のコンセプトを受け継ぎ、シリーズ初の6ライトウインドウの採用でクーペスタイルとなり、ニュルブルクリンクで鍛えた足まわりなど、スポーティなクラウンをさらに強調しています。●ホンダ初代「フィット」 ホンダは1972年に次世代のコンパクトカーとして初代「シビック」を発売。その後、エントリーモデルとして革新的な初代「シティ」が誕生し、「ロゴ」へと受け継がれました。

 しかし、ロゴは単にコンパクトで安いだけのイメージで、取り立てて秀でた部分は見られず、実際のセールスでもヒット作とはいえません。

 そこでホンダは2001年に、すべてを一新した新時代のコンパクトカーの初代「フィット」を発売。

 新開発のシャシは、燃料タンクを前席下に収める「センタータンクレイアウト」を採用したことで、クラストップの広い室内を実現。

 エンジンも新開発された1.3リッター直列4気筒SOHCの「i-DSI」を搭載し、十分なパワーと低燃費を達成しています。

 この初代フィットの大ヒットによって、同じシャシ、エンジンを使った派生車が次々にデビューしました。

 2020年2月に現行モデルの4代目が発売されましたが、コンセプトは初代から継承。また、世界各地でフィットから派生したモデルが販売されています。

 なお、センタータンクレイアウトは軽自動車の「N-BOX」シリーズなどにも展開され、現在、ホンダのスモールカーの標準となっています。

続きはこちら

  • xpmua*****

    やはりスバルにとってはレガシィの存在は大きく、会社を救った車だと思う。レガシィが無ければ、会社は存続してなかったんでしょうね。

    • gbs*****

      レオーネはパートタイム四駆だったと思いますが、舗装路で四駆にすると曲がらない車でした。レガシィとは別ジャンルと言えるぐらい違います。

    • xkiq*****

      レガシィが出る以前のレオーネは本当に4WD必須なユーザー向けでした。私に記憶では山の中に住んでいる方や林業関係者が多かったと思います。乗ってみると、当時の乗用車とは違い、頼もしさがありました。しかし、不格好で垢抜けないデザインがネックでした。

    • qxdjg*****

      レガシィやるときに軽自動車の企画開発製造販売から撤退してレガシィ・インプよりでかいのは水平対向、コンパクトは横置きFFでやってたらまた違ったんだろうけどな。赤字垂れ流しの軽部門残すような経営してた奴らがアホ。

    • smnqu*****

      会社の都合を優先したリコール隠しが忘れられません。愛社精神なのか保身なのか事なかれ主義なのか。この根っこの部分が同じなら、いくら企業規模が大きくなっても、何かのきっかけで雪印のように市場から退場することになる。

  • ioxw*****

    7thスカイライン前期に乗っていましたが個人的にスタイルも内装も嫌いでは無かったです。ただ、ピラーレスハードトップ故に剛性も無く不整地でのミシミシ音と足回りの安定感の無さはスポーツセダンでは有りませんでした。その後の8代目に試乗した時は、全く違う車になったような塊感に感動しましたが、極端に狭い後席に家族から反対され購入対象から外れてしまいました︎︎︎︎︎︎︎

    • vux*****

      そのクルマの登場で、大きく流れが変わったモデルの直前モデルを見ると、そこには変わる兆しがあったんだな、と思います。ゼロクラ(180系)の先代は170系ですが、この代でペリメーターフレームと訣別したり、ハードトップと法人需用のセダンの棲み分けを別形式としたり(170はハードトップでは無いですね)。フレーム構造を最初に廃したのは、更にひとつ前のマジェスタなのがトヨタの慎重さを感じます。R32も大きな変化がありましたが、軌道変更はR31時代から進んでいました。R31をソフト路線に振った事がきっかけですが、それでもRBエンジンの登場、グループAを見据えてGTS-Rを開発したR31もまた、大きな変化の呼び水になっていると思います。歴代のクルマを横に比較すると、クルマの進化は継承されていくんだなという気がします。

      • mekcb*****

        8台目スカイライン、よく覚えています。901運動の旗頭だったと思います。カー雑誌には、ポルシェ944と比較するインプレも出ていたように思います。肥大化したボディをスリム化し、足回りとブレーキを強化。より走りに特化してきました。「ようやく外車に肩を並べたか」と思ったものです。32GT-Rが復活しなくても、人気は出たのではないでしょうか?。

        • jxsxg*****

          初代「スズキ・アルト」は、軽乗用車『フロンテ』の商用版として、新しいジャンル「軽ボンネットバン」の市場を開拓した。当時の軽乗用車には15%以上の高い物品税が課税されていたが、商用車には課税されない点に着目し、さらにメインユーザーの女性層は4ナンバーを気にしないことも事前のリサーチで掴んでいたので、初代アルトを4ナンバーで『47万円』という衝撃的なプライスで、印象が残るようにTVCMで宣伝した。この販売戦略は大いに当たり、それまではダイハツからエンジンを購入するぐらいまで冷え込んでいたスズキを、見事に甦らせた。さらに、アルトは海を渡り、インドの地で『マルチ・800』というインドの国民車となり、インドでの大衆車のパイオニアとなった。さらに1987年に誕生したアルトワークスは、64ps軽スポーツの開祖となった。アルトは形を変えながら、庶民の足となり、時には走る愉しさを教えてくれるクルマ

          • cwz*****

            スズキは庶民に寄り添うメーカーだと思います。このメーカーの活躍は、ライバル会社の価格、品質に大きく影響を与えている。存在意義の大きな会社だと思います。

        • uyoq*****

          今がトヨタ一強と言われるが、この頃は日産もホンダ、マツダ、スバルと面白い物を作っていたね。どうしてこんな事になってしまったのか、デザイナーが居なくなったのか分かりませんが、売れるのは世界的にSUVとなり考えなくても良くなったからなのかな。

          • mhrdo*****

            時代に置いていかれたのでしょうね。

          • eux*****

            投資っていうか、バブル期の日産車見ると、本当にこの値段で売ってたの?と思える仕様がいっぱい見つかるよ

          • hqvz*****

            トヨタとイオンが一強なのは、バブルの時代に投資の様なモノをやっていなかったからと聞いた事はありますよ。

        • inrgo*****

          私が選ぶ5選。三代目カペラ。CD=0.38を達成し、日本車のほとんどが「スラントノーズに角型ヘッドライト」になった。六代目ファミリア。日本車で初めて「ボディー剛性」を引き上げた。今も「ボディー剛性アップ」は定番。アウディクワトロ。直列4気筒や5気筒をフロントオーバーハングにぶらさげていたアウディが、WRCで勝つためにフルタイム4WDを開発。現在も多くの車種でフルタイム4WDを採用する礎になった。ホンダステップバン。現在のスーパーハイト軽の奔り。登場が早すぎてあまり売れなかった。プリウス。このクルマが無かったら、欧州で「純ガソリン車は売らせない」にはならなかった。

          くるまのニュース

          Posted by jinchangz