瀕死の選手に不可解な続行指示→悪夢の大の字ダウン… レフェリーの“見極めの遅さ”に批判集まる

 強烈なパンチを何発ももらって意識は朦朧、足元はフラフラの選手に対して、レフェリーが試合続行の不可解な指示。その後に喫した危険な大の字ダウンでTKO決着となったが、“予想できた”危ない展開を招いたレフェリーの判断に対して、ネットでは批判の声が集中している。

 10月16日に放送されたONE Championshipのシンガポール大会「REIGN OF DYNASTIES II」。モハメド・ビン・マムード(マレーシア)とハン・ズーハオ(中国)のムエタイ戦。両者アグレッシブな激闘型ファイトスタイルということもあり、試合は序盤から近い距離で激しく打ち合う展開に。

 2ラウンド、ズーハオがプレッシャーを強め、マムードがケージを背にして戦う場面が目立ちはじめる。狭い距離からコンビネーションで応戦したマムードに対し、ズーハオが顔面への前蹴りなど、厳しい攻めで応戦する。

 試合が大きく動いたのは2ラウンド終了間際、残り30秒。マムードの左ミドルに合わせるようにズーハオが右ストレートでアゴを撃ち抜いた。衝撃の大きさに思わずのけ反ったマムードは、足元フラフラ状態で後ずさり…「ダメージがある」と判断したレフェリーが、“少し遅れて”スタンディングダウンを宣告。カウントを聞くマムードは、すでに意識が朦朧とした様子だ。

 試合が再開され、残り15秒。マムードが力を振り絞りパンチの連打を放つが威力は弱い。必死の反撃をスウェイバックでかわしたズーハオが体勢を戻しながら強烈な右を当てると、そこからマムードはケージに串刺しに。ケージに寄り掛かるようにして辛うじて立っている状態のマムードにスタンディングダウンが宣告された。【映像】続行指示で“悪夢”の大の字ダウン

 明らかにダメージは大きく、足元はおぼつかない。ABEMAで解説を務めた大沢ケンジが「揺れてますね…」とマムードの状態を心配すると、視聴者からも「子鹿やん…」「フラフラ」「無理」「あかん」の大合唱。カウントを聞き腕を上げたマムードだがその力は弱く、拳を握る様子も見られない。しかし、レフェリーはリング中央にマムードを引き戻すと試合続行を指示。絶体絶命のマムードだったが、ここはラウンド終了のゴングに救われた。

 とはいえ、ゴングを聞き、コーナーに戻るマムードはフラフラ。視聴者からは「網があるから立ててるだけ」「レフェリーなにしてんねん」「足を見ろよ足」とマムードのダメージの大きさを指摘する声が多数寄せられる状況だ。大沢ケンジが「きれいな右を貰って(マムードの)ダメージ深いですね。けっこう効いてますよ」とコメントする中、3ラウンドが開始された。

 やはり、ダメージは抜けきっておらずマムードの動きは鈍い。インターバルを挟んだにも関わらず足元はフラフラだ。「もうTKOでいいんじゃない」「ダメージ抜けないだろう」「もう時間の問題」といった声が聞かれる中、再びズーハオの強い右、さらに左が炸裂するとマムードは真後ろに倒れ、大の字になってマットに沈んだ。

 実況の西達彦アナウンサーも「もう止めてもいいダメージの深さがありますよ」と話すほどだったが、マムードがフラフラと立ち上がりファイティング・ポーズ。「おいセコンド」「危ない」「止めて止めて」などのコメントが殺到したところで、ようやくレフェリーがゴングを要求した。

 早い時点から、マムードのダメージの大きさは明らかだった。この試合をさばいたレフェリーの“ダメージの見極めの遅さ”に対して、ネットからは「このレフェリー下手だよ」「ひどいレフェリーだ」「前のラウンドでストレート二回撃ち抜かれてるから無理」など厳しい声が相次いでいる。

続きはこちら

  • txp*****

    早くてもダメ、遅くてもダメ。難しいのは分かるけど、遅い方がダメ。何人も知ってるけど、喋れなくなるから。

    • fclrf*****

      ダメージがある時のファイティングポーズではレフェリーは選手の拳を握るとかファイティングポーズの腕に上から負荷を掛けて抵抗力があるか調べるものです。技能が未熟だと思う。

      • dbqgd*****

        意識無くても立つことがあるのは格闘家なら経験ある人もいるでしょうそれだけトレーニングを繰り返したたまものであって本人は試合自体も覚えてなく、突然意識を取り戻すそういう格闘夢遊病みたいになった時にレフェリーがストップするのも大事でしょ

        • tbtpq*****

          撃ち抜かれると完全に意識が飛んでる状態になりますしね。でも、体は勝手に起き上がろうとする。意識が戻ると負けた自分がいて、周りに「あれ?僕の試合はどうなったの?」とか聞いたりしますよね

      • gqk*****

        実際に試合見ると、記事に書いてあるほど簡単なレフェリーでもないな。まぁでも選手のことを考えたら少し早すぎるくらいをスタンダードにしてま良いのかもね。

        • evtj*****

          早いとか遅いとかではなくて、ダメージを判断出来ない人がレフェリーをしていると思う。ダメージの判断が出来ない人は、レフェリーの資質がないことだと思うから、レフェリー失格にしなければならないと思う。

          • lbudq*****

            このレフリーはいつ見ても下手という印象です。ダウンなのか分からない謎の間がある、止めるのが明らかに遅い…ONEはいい選手が集まってきているのでいいレフリーも育ってほしいです

            • qrwhl*****

              2ラウンドのダウンで止めても良かったくらいやけど、終了のゴングで戻って、インターバルで少し回復してますよね。セコンドが、その時点で見極めて止めても良かったかと思います。大の字ダウンは、レフェリーだけのせいでもないような…

              • pjlix*****

                2Rは、ファイティングポーズとってるし、即ゴングでゴングに救われてるから普通続行でしょ。3Rに倒されて立ち上がったけど、そこでは止めたんだから全く問題ないでしょ。何が批判されるのか分からん。レフリーのジャッジはごく普通でしたよ。

                • miikj*****

                  同感。有能でした。

              • auk*****

                レフェリーに絶対的な問題があるようには見えない。ただそれをABEMA TIMESが煽ったタイトルを付けた記事にしてABEMAの動画を見せようとするその感じが本当に嫌です。

                • hioa*****

                  動画見たけど、セカンドの問題でもあるね。レフェリーとしては残り時間を見てポーズとってるし続行だと思う。あそこで止めたら止めたで選手としても可愛そう。

                  • mrzuh*****

                    セカンド