【箱根予選会】78歳の青葉監督率いる名門の日大が18位で敗退 90回目の出場逃す

◆報知新聞社後援 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会(17日、東京・立川市陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース=21・0975キロ)

 出場46校が上位10人のハーフマラソンの合計タイムで競い、上位10チームが箱根駅伝本戦の出場権を獲得した。名門の日大は18位で落選し、大会歴代2位タイとなる90回目の出場を逃した。前回優勝の青学大はじめシード10校、予選会通過10校とオープン参加の関東学生連合の計21チームが新春の箱根路に臨む。

 予選会は例年、陸上自衛隊立川駐屯地をスタート、立川市街地を回り、国営昭和記念公園ゴールのコースで行われているが、今回は新型コロナウイルス感染防止対策として、無観客で陸上自衛隊立川駐屯地内の1周約2・6キロの滑走路を周回するコースで開催された。各校14人以内の登録選手から当日に12人以内が出走。日大ランナーは平たんなコースでスピードに乗れず、箱根路に駒を進めることはできなかった。

 「18位、日本大学」

 敗退を告げる知らせに大ベテランの青葉昌幸(よしゆき)監督(78)は厳しい表情を浮かべた。

 大東大の監督時代に箱根駅伝優勝4度。昭和と平成の時代に大学駅伝界のトップに立ち、箱根駅伝を主催する関東学生陸上競技連盟の会長まで務めた“大御所”が、母校の日大を率いて令和の箱根駅伝に戻ってくることはなかった。

 日大は箱根駅伝で歴代3位の優勝12回を誇る名門。しかし、今年の箱根路では18位に終わり、6年連続でシード権を逃した。その結果を受け、6月1日付けで武者由幸前監督(37)が退任して大学の一般職員となり、関東学生陸上競技連盟の名誉会長の青葉監督が急きょ就任した。1990年度に大東大の監督として史上初の学生駅伝3冠に輝いてから30年。大東大監督を退任した2000年以来、20年ぶりに現場の最前線に復帰した。

 78歳の指揮官は、東京・稲城市の選手寮内にある監督室に住み込み、約60歳も年下の学生と暮らす。「食事も風呂も一緒。『僕はこのチームが好きだ。年だから話はくどいけど』といつも選手に言っています」青葉監督は選手に寄り添って戦ったが、6月からの新体制は順調に進まず。練習メニューに「縄跳び」が取り入れられることがあったが、チーム強化につながらなかった。

 予選会では前回6区4位の宮崎佑喜(4年)、前回9区20位の橋口大希(3年)ら複数の主力が登録メンバーから外れ、苦戦が予想されていた。9月に1万メートルの自己ベストを31分32秒95から28分55秒36に大幅更新した小坂友我(3年)ら数人が台頭したが、穴を埋めることはできなかった。

 6月に就任した直後、青葉監督は頂点へのロードマップを明かしていた。

 「97回大会の今回は7位以内に入り、98回、99回大会で優勝への足がかりをつくる。私の役目はそこまで。次の若い監督のもと、100回大会で日大が優勝しますよ」

 実現すれば、ちょうど半世紀ぶりの快挙となるが、その壮大な野望の実現が難しいことは、この日の結果が示している。名門復活の道のりは険しい。

 【第97回箱根駅伝予選会結果】

 (1)順大(10年連続62回目)

 (2)中大(4年連続94回目)

 (3)城西大(2年ぶり16回目)

 (4)神奈川大(11年連続52回目)

 (5)国士舘大(5年連続48回目)

 (6)日体大(73年連続73回目)

 (7)山梨学院大(2年ぶり34回目)

 (8)法大(7年連続81回目)

 (9)拓大(8年連続42回目)

(10)専大(7年ぶり69回目)

 以上、予選通過

(11)筑波大(2年連続62回目ならず)

(12)中央学院大(19年連続22回目ならず)

(13)麗沢大(初出場ならず)

(14)上武大(2年ぶり12回目ならず)

(15)駿河台大(初出場ならず)【一覧表でさらに詳しく!】第97回箱根駅伝シード校

続きはこちら

  • lbkq*****

    もともとキャンパスが点在していて、さらにコロナで遠出もできない中で厳しい環境だったのかもですね。あとは、大学の評判が落ちてしまった影響でスカウティングもうまくいってないのかもしれません。残念ですね。

    • lftqz*****

      この数年のスカウトは箱根上位校と遜色ないです。育成がうまく出来ていないだけです。

    • kywc*****

      水泳の池江を筆頭に、他の競技でも世間でいろいろ言われる割には良い選手が日大進学を選択してるよね。

  • cmu*****

    ドゥングがなぁ。今年の箱根の2区でも全然ダメだったし、留学生が弱いと日大は苦しいね。まだ2年だから4年まで使うとしたらあと2年は期待できないな。というか、他の人も言ってるように留学生頼みの体質をそろそろ何とかしようよ。

    • sgjx*****

      最初の5キロの速報値から、まったく名前がでてこなく、そのままレースが終わってしまった感じですね。名門復活の道は、かなり険しくなりそうですね。

      • apof*****

        もう若い監督に代わった方がいいと思いますね

      • pvtr*****

        3ヶ年計画とか拷問すぎる。

      • pargy*****

        他大学のファンだが、日大は武者さんで少し上向いてきている、下級生は育つかもしれない(昨年冬の日体大記録会などを見て)と思っていた。青葉御大ではで再建は厳しいのではないか?この世代は自分の成功体験の指導が中心で、現在進行形で最新の理論を勉強するのは難しいと思う。

    • ikapc*****

      部としては日本人選手だけで、大学としては田中組長にお引き取りいただく。最低ラインとしてこれができないと栄光は無理。

      • iavhn*****

        今年の予選会のタイムを見ると10人全員が63分台でゴールしてるか、10人目が64分台でも留学生がタイムを稼いだ学校は予選突破している日大はドゥングが稼いだとしても10人目が64分くらいでゴールしないと予選突破は難しいし、それが出来ていない時点で本戦への出場はほぼ無理に等しい

        • rgq*****

          大東大、日大、上武大、麗澤あたりはしばらくは箱根無理でしょ、筑波大は惜しかったね、18秒差は悔いが残るだろう、それと中央学院大は何かアクシデントあったのか驚きの失速、自分的には東京農大はどうしたと言いたいけど、もう箱根に縁がなくなったようだ、この箱根予選会は結果発表まで分からないから面白いね、途中の10名通過順位が表示されて、そのワクワク感がたまらない、やはり戦国箱根だ、勢力図がどんどん変化してるね。

          • djxt*****

            名門日大、大東大が低迷。数年前までは確実シード権を取っていた中央学大も通過ならず。今の時代は本当に毎年安定した成績を残すのは難しい時代なのか。今回予選通過した中大、順大、山梨学大なんかは過去の実績からしたら予選会に出るような学校ではないと思ったが。

            • xyrn*****

              日大を卒業して良かったことの一つに、大学スポーツ、特に箱根駅伝を応援できる、と言うのがあったが、来年はそれもできず、本当に残念だな。教育も、研究も、就職も駄目。OBの母校愛も薄い日大。せめてスポーツで、と思っていたが・・・。他大学ができて、日大はできないことが、多すぎるよね。

              • pnrq*****

                いくら過去に実績ある監督でも78歳は・・本人は寮にまで住んで学生と共にって凄い熱意には敬服します。しかし、今の若者からしたら、さすがに同じ寮に住まれたら堪らんのでは?何かしら絡んできそうな年齢だし。その結果、全く順位争いに絡みもしなかったし、残念。

                • qzbgl*****

                  60、70代の絡みはひとつの愛情かと。。

              • yjszl*****

                監督就任のニュース聞いたときから、この結果を予想していた。この時代にこの監督では選手ついてこないよ。早くロートル追い出して、外部から監督招聘するしかない。日大の理事長以下幹部の凝り固まった頭じゃ、その改革は無理だろうけどね。

                • cuz*****

                  そもそも幹部は古い思考から抜け出せない上、ガバナンスは最悪。少なくても外からそう見える大学にわざわざ優秀な学生が入りたいかという本質的な問題。幹部が変なプライド捨てて引導渡さない限り将来無さそう