「それでもトランプ」派に聞いた投票する理由。「言動は許せない。でも…」

「批判されるのは分かっています。でも、今回はトランプ大統領に投票すると決めました」

アメリカの大統領選挙の激戦州とされるペンシルベニア州の都市フィラデルフィアに住むボブさん(61歳)。「親日家」だという、白人の男性だ。

投票日は11月3日。最新の世論調査(リアル・クリア・ポリティクス)では、バイデン氏が50.6%、トランプ氏が43.5%。バイデン氏が7ポイントのリードを保っている。

一方、世論調査では「トランプ支持」を表明しにくいという指摘もあり、表に現れない「隠れトランプ」の動向も焦点となっている。

ボブさんの周りの知人や家族は「反トランプ」。それでも、「4年間たったあとも、トランプ氏に期待している人は少なくない」と話す。

差別的な言動を繰り返し、分断を招いている“暴君”でもあるトランプ氏を支持する理由は何なのか。彼のようなアメリカの有権者と話してみると、「社会の分断」の根深さを感じる。【画像】ペンシルベニア州のトランプ大統領支持者たち

理髪店でも政治の話

ボブさんはアメリカのペンシルベニア州の地元の広告関係の会社で働いてきた。いまは姉の家族とともにフィラデルフィアに住んでいる。

住んでいるペンシルベニア州は大統領選挙の「激戦州」。バイデン氏の出身地でもあり、前回の選挙は民主党が勝つともみられたが、共和党のトランプ氏が同州を制した。

今回の選挙について、予測サイト「ファイブサーティーエイト」はトランプ氏がペンシルベニア州を制した場合の当選確率を84%、バイデン氏の場合は96%としている。両候補とも夏以降、少なくとも6回は現地入りしている。

「すべてが政治的になってきました」とボブさんは話す。理髪店に行っても、「トランプ批判」を聞く。ボブさんが「トランプ氏に投票したいと思っているのだけど…」と口にすれば、「お前は差別主義者なのか」と言われる恐れもあるという。

そのため、話す時は、これは「自分のopinion(意見)ではなく、ニュースで聞いた話なんだけど」と前置きをして政治の問題をするようにしている。

続きはこちら

  • htz*****

    とにかくトランプ支持、とにかくトランプ反対、ではなくて。「グレーゾーンの人たちの意見をもっと……」という表現に、とても深く頷きました。日本でもそうですよね。安倍政権を支持すると言うと、「じゃあアベの政策すべてに賛成するのかよ!?」みたいな言葉を投げかけられて。正直、そういうのにウンザリしてました。白か黒か、敵か味方か、とか。そういうのじゃあないですよね。

    • vijaj*****

      コメさん、仰る通りと、それと共に、何時もながら、記事に答えが無い?。少しは情報になるところも見られるけれども、中身が無い?。記事を書くコツなのだろう?。

    • mpl*****

      しかし、「激しい話し合いが苦手」な人がトランプに期待する心理は今ひとつ分かりかねるなあ。あんなに激しい物言いが似合う人も少ないと思うけど。激しくもパワフルな口調で「Make America great again!」という姿に期待するんなら分かるんだけど。

    • ciy*****

      トランプは問題あり過ぎだけど、対中国政策という一点だけをみて、日本としてはトランプ続投してほしい。

    • alsk*****

      コメ主さんに同意です。自分は、結構、安倍さんにもその路線を引き継いだ菅さんにも物申す意見を吐きますが、だからといって全て否定するわけでもないし、ましてや中国なんてこれっぽっちも支持することはない。なのに、批判的なコメをするとすぐに、中共支持だサヨだとレッテル張りする人がいて、ウンザリします。そのような人は0か100か、左か右かでしか考えられない、まるでマシン語の01思考のようで、テーマに対する議論が成立しない。レッテル張りは、一番論理思考から遠い行為なんですけどね。

  • xza*****

    このような有権者へのインタビュー記事こそ有意義なんだが大手メディアは記事の様にトランプ支持が口に出来ない現状を無視して世論形成をし続けて来たその大手メディアの記事を基に日本で記事を書いたりコメントする専門家が多い事には残念過ぎる気持ちになる記事を見る限り郵便投票が必ずしもバイデンが有利とは思えないオバマを含める民主党や反トランプの共和党の大物らがアメリカをダメにして来た事を正確に分析してる人こそ本当に学識のある人でしょう今のアメリカの学生を見てるとメディアに流され過ぎて自分で考えずに考えを決めてるのが良く分かる

    • pgipt*****

      日本の議員もトランプのように物事ハッキリ言ってくれたらいいのに。同じような、人間性に難ある人間ならせめて国家を背負ってる者として中国にガツンと言ってほしいわ。

    • ant*****

      一有権者の意見を、さも多数のもののように取り上げるのは、そんなに褒められたものじゃないよ。コメ主がこの記事に共感を覚えるのは、コメ主がただ単にトランプ支持だからではないか?逆にバイデン支持者の一意見が載ってたら、ハフポストの捏造って罵るんじゃない?自分は、トランプに大統領になって欲しいけど、まあ、この記事が現状の分析に何か寄与するとは思わないけどね。

    • hcpng*****

      南部の共和党が強いエリアでバイデン支持と言っても省かれる事すらないけど、その逆にトランプ支持だと公言すると「お前は人種差別主義者か?」などと見られる。それがNYやLAだったら村八分、下手すると非白人から集団リンチ食うだろう。だから隠れトランプ支持者が多い。それが前回でヒラリーラクショームードだったのにトランプが勝利となった原因でしょ。今回は金正恩にガチで喧嘩売って、シンガポールまで来させた実績や習近平を吊し上げてると言う実績などで前回投票しなかったワシントンに不満持つプア白人がこぞってトランプに入れるのではと言われてる

  • glfv*****

    日本人で米永住権もない人間ですが、記事に出てくるアメリカ男性と、ほぼ同じ感覚です。トランプの有言実行なところ、仕事量には素直に尊敬します。アメリカは覇権国であって、その同盟国である日本は、嫌がおうにもアメリカの影響を100%受ける国ですので、米の内政と外交姿勢は重大トピックです。アメリカが格差拡大で固定されるのも貿易相手国として困るし、特に外交においては、対中で日本にとってトランプの政策はオバマ時代と比べ非常にプラスです。また、他国への干渉がへり戦争もへり、中東では仲介で停戦、和平を結んでいます。すばらしい功績だと思う。拉致問題のある北朝鮮へも、個人的には、北をオバマ時代のように無視したり、ブッシュのように悪の枢軸扱いで断行するよりも、アメリカが、トップ同士が形の上でもつながり、直で外交し会話のきっかけがある状態にしているやり方は、歓迎します。、

    • ehk*****

      asa*****さんWHO然り。国連とか国際なんちゃらみたいのが中国に乗っ取り食らってるんだから信用出来ない。メディアも含め。<中国に対抗するには、いろんな国が連携して包囲しないと無理です。別に中国に対抗するのに世界が手を組む必要は全くないと考えます。それぞれがそれぞれの考えで動けば良いと思います。誰かの都合に良い様に使われない様に。あなたも私も。全ての根源は人間の強欲さです。

    • dnf*****

      har*****正しくその通りだと思います。しかし恐らく情報を探してるフィールドが全く違うのでしょう。だから意見が全く反対になる。仰る通りようやく舵取りが正常に向かってきましたよね。でもそれも結局はトランプのやり方ですね。私が今回面白いと思ったのは私は今までどちらかと言えば左派の人を応援してました。アメリカで言えばゴアやサンダース。日本で言えば三宅洋平や山本太郎。でも今回は自分とぶつかり合ってた右派の人がトランプを応援してる。これは非常に興味深い。でも気付いたのです。左派を応援しても結局良い所まで表舞台で踊らせて取れるだけ出汁取って良い所で脅すか消されるかのどっちかで片付けられてしまう。頭は右派も左派も同じグローバリスト達でした・・・なのでasa*****さんみたいな論調での話では解決しないんですよね。

ハフポスト日本版

Posted by jinchangz