国重文、「雪囲い」外すと突如ツートンカラー…塗り直したが来春も心配

 福井県池田町の国重要文化財「堀口家住宅」の土壁の「色」が関係者の頭を悩ませている。約5年前の大規模修理の後、冬に備えて壁をトタンで覆っていた「雪囲い」を外すと、突如ツートンカラーに変色していた。調査するも原因は不明で、今年の修理でようやく本来の色を取り戻したものの「雪囲い」の時期が近付いており、「また変色しては大変」と気をもんでいる。(橋野薫)

 堀口家住宅は江戸時代初期の建築と推定される古民家で、1969年に重文指定された。前回の修理は、かやぶき屋根のふき替えや土壁の塗り直しなど2年がかりの大規模なもので、2014年秋に完了。春になって雪囲いを外すと、覆っていた部分が赤茶色に変色し、それより上は元の灰色がかった黄色と、くっきり2色に分かれてしまった。それまでも雪囲いにトタンを使っていたが、変色することはなかったという。

 ツートンカラー問題は町議会でも取り上げられ、塗り直すこととなったが、町教委は工事に際し、原因を突き止めようと、群馬県内の研究所に変色した土の成分分析を依頼。その結果、水分とともにマンガンが表面に集まり、酸化して赤茶色に変色したと考えられるが、その理由までは突き止められず、報告書は「(変色の)発生機構などについては今後の課題である」と結んでいる。

 今回の修理は、変色した部分を削り、残った土や淡路島から取り寄せた土などを混ぜて塗り直した。塗る前に数パターンの土を作り、風通しの違いも含めて実験したが、どれもほとんど変色しなかったという。

 今冬に向けた雪囲いは、トタンより風通しの良い竹のすだれを用いる予定だが、堀口家住宅の向かいに住み、管理をしている堀口和義さん(68)は「雪囲いを外す来春には壁の色はどうなっているのか」と不安そうに話している。【写真特集】2020年 秋の景色 日本はこんなに美しい

続きはこちら

  • srg*****

    昔はむき出し土壁は金鏝じゃなく木鏝で塗っていた。近代になって何でもかんでも金鏝を使うようになり、しごきの段階で土中の鉄分が引っ張られ表面に集中し、湿気に負けて錆の色が出て来てる。数百年単位で雨ざらしだった土壁を現代の一発工法で再現は出来ない。

    • htr*****

      トタンでなくて木かプラスチックの板かでおおえばいいでしょう簡単だわ

    • xwngy*****

      この話って本当ですか?コテって、一瞬しか、材料にしか接しないと思うんだけど、そのコテの材料で、変わるの?

    • efqcf*****

      国宝なら外国人観光客向けに維持は必要だが、それ以外の文化財はこの借金大国が維持するのは無理だと思う。文化や歴史も大事だが今生きる人間をもっと大切にしてほしい。

    • cjxk*****

      aya*****さま。知識ありがとうございます。そういうことなんですね。勉強させていただきました。

    • byvrj*****

      色の変化の原因はマンガンの酸化いうてるけどな

    • lnwh*****

      そんな簡単に原因が指摘できるなら専門家が悩まないだろう。

    • kut*****

      素の材を活かす日本家屋は『変色』『収縮』を繰り返し、【馴染む】ものだと思う。それが美しさに繋がるのだから、通気の取れないトタンで囲うなんて事は不要では?

  • otwzu*****

    文化財の保存は、技術的に困難なことも多いんだろうし、きっと金もかかる。加えて気候変動や自然環境の変化も影響するだろう。でも頑張ってほしい。文化財の保護保存はたいせつなのだから。

    • eowf*****

      大名家の城郭じゃあるまいし、一般庶民の家が遠くから壁土を取り寄せるなんてことはなかったはず。地元の土で十分なのでは?

      • ymei*****

        そもそも雪囲いは屋根材と同じ葦やすすきなどを使うもの。予算の関係なのかもしれないがなぜトタン板を使うのか?亜鉛や鉄分が溶け出さないポリカーボネートなどを使えばいい

        • ykfv*****

          ここ北国、冬囲いにトタンは見た事無いみんな木材だよ木材なら呼吸してるし、トタンならそれが出来ないま^ここは豪雪地トタンならトタン自体が変形して潰れるから囲いにはならない降る雪の量に適した木材か竹でなければ基本が分からないも恥ずかしいな

          • sgd*****

            重要文化財に必要なだけ税金を投入できないのは貧しい国だ。パフォーマンスだけしている下らない給与年間2千万超えの国会議員を減らしてこういう所に使った方がましだ。カンボジアのポルポト政権下で左のクメールルージュが最初にやった馬鹿なことが歴史的遺跡の破壊や知識層の処刑で今だに遺跡は完全には修復できていない。失うのは簡単だから出来る限り残した方がいい。デジタルや写真で残しても建物そのものが出す空気感や存在感はそこにないと分からないよ。文化財とは今必要かどうかが判断基準ではないと思う。

            • ihsw*****

              変色した土を精密に分析すれば色の犯人が分かると思うが他の方が書かれてるように金属の影響が出たのかもしれないだとすればやはり藁で囲った方が無難なんだろうが予算問題が絡むとそう簡単にはいかないのか地元の山間にも古民家があるがやはり昔ながらの藁で雪囲いしている(骨組みは不明)

              • rhj*****

                こういうのは門外漢の素人だから分からないが、普通に使って経年変化を受け入れて都度修繕していくのは駄目なのだろうか?比較出来ないが、自分が使っている時計、スーツケース、革製品などはメンテナンスしながら経年変化を楽しんでいるのだが、これは論外なのか?もし、一切の劣化を許さないなら、金色堂の様に建物を建物の中で保管するしか無い。古い建物などは使って変化を受け入れる方が良いと思うのだが、あくまで素人考えだけど。

                • rxgyx*****

                  今の気候、特に湿気や風雨は、同じ気象状況でも江戸時代初期とは成分がかなり違う。酸性の雨も濃い物になっているだろうし、排気ガスや大陸由来の黄砂、細かい粉じんも飛んでくる根本的なところから文化財保護を議員さんや役所さん主体で決めるんじゃなく、もっと幅広い研究家や職人さんの意見を取り入れなければなんどやっても同じことです。

                  • lua*****

                    >その結果、水分とともにマンガンが表面に集まり、酸化して赤茶色に変色したと考えられるが、その理由までは突き止められず、マンガンが表面に集まらないようにしないと防げないということ?

                    読売新聞オンライン

                    Posted by jinchangz