レクサス新型「LS」登場! 後世に語り継がれるべきトヨタの歴代高級セダン5選

トヨタが誇る歴代高級セダンを振り返る

 トヨタの高級車ブランドのレクサスから、2020年11月19日にフラッグシップセダンの「LS」改良モデルが発売されました。LSはフラッグシップにふさわしく、内外装には贅が尽くされ、トヨタの持てる技術が惜しみなく投入されています。

【画像】レクサス新型「LS」に負けない個性! トヨタの歴代高級車を見る(24枚)

 庶民にはマイカーが夢だった頃の1955年に発売された初代「トヨペット・クラウン」は、誕生した時点で高級車に位置付けられ、以来、トヨタは数多くの高級車を世界中で販売してきました。

 そこで、新型LSとともにトヨタの歴代高級セダンを、5車種ピックアップして紹介します。●レクサス「LS」 日本でレクサスブランドが展開されたのは2005年からで、2006年にはフラッグシップモデルに君臨していたのがLSです。

 現行モデルのLSは日本で2代目にあたり、2017年に発売。フロントフェイスは重厚な印象のスピンドルグリルが採用され、高級パーソナルセダンにふさわしく、ルーフ前端からリアエンドに至るやわらかなカーブによって、エレガントなフォルムを実現しているのが特徴です。

 改良されたLSは、レクサス独自の上質な走りを目指し、静粛性と乗り心地の深化を追求。パワートレインやサスペンション、シートの縫い位置など細部にまで徹底的な作り込みをおこなっています。

 ボディサイズは全長5235mm×全幅1900mm×全高1450mm(2WD)と堂々とした体躯で、かつてはロングホイールベース車もラインナップしていましたが、現在は設定されていません。

 パワートレインは最高出力422馬力を誇る3.5リッターV型6気筒ツインターボと10速ATの組み合わせに、システム最高出力359馬力を発揮する3.5リッターV型6気筒エンジン+モーターのハイブリッドを設定。どちらも2WDと4WDが選べます。

 今回、ツインターボエンジンの内部に手が入れられ、実用域のトルクの立ち上がりや、静粛性の向上が図られています。

 外観ではヘッドライトやバンパーなどの意匠が変更されるとともに、新外装色の「銀影(ぎんえい)ラスター」を設定。奥行きを感じる深い陰影を特徴とするシルバーで、レクサスが長年開発に力を注いできたボディカラーだといいます。

 内装もスイッチ類の意匠変更や、マルチメディアシステムがApple CarPlayやAndroid Autoに対応するなど、アップデートされました。

 また、先進安全技術の「Lexus Safety System +A」も進化し、交差点右折時に前方から来る対向直進車や、右左折時に前方から来る横断歩行者も検知可能となっており、2021年には高速道路でのハンズオフ走行も実現します。

 新型LSの価格(消費税込)は、ツインターボエンジンのLS500が1073万円から1580万円、ハイブリッドのLS500hが1219万円から1728万円です。

続きはこちら

  • emhbz*****

    GZG50型のセンチュリーのV12のエンジンは片バンクの6気筒での走行も可能だが、他にも色々特徴があった燃料ポンプが2個ありエンジンが始動するたびに交互に作動しどちらかが故障しても再度エンジンを掛け直せば、走行が可能になる。エンジンECUも2個あり左右バンクで独立している。一度片バンクのみで走行したこともあるが、「少し重いかな」ぐらいで普通に走行できた。

    • oznyi*****

      一回だけ、現行型のLSに乗せてもらってことがあるけど(助手席)ありゃ、なんて言うのか外から見ているイメージとは、全然違う印象っていうか乗り心地だったね中から外の景色とかメーター表示を見ている限り、めちゃめちゃな加速とかハンドルの切り返し、無理やりな車線変更をしているはずなのに、窓を閉めていたら、中ではいっさいそんなことを感じられないリニアモーターカーってこんな感じなのかなと思わせるような、滑らかさと静けさ浮いて走ってるとしか思えないショックの無さなのに、全くフワフワとはしないすごいクルマだなとは感じたけど、こんなのに乗ってたら(それで、それを当然と感じたら)まわりとの協調なんて出来るわけないとも思ったまわりは、信じられないほどヨタヨタして鈍重なクルマばかりなのだものちゃんと自制の出来る人のためのクルマなんだと思った運転者が居なきゃ、ほんと上品なクルマだよ

      • xwxyk*****

        いくら時代の流れとは言え、V8を止めたのは一番販売に響いてる気がするな。パワーや燃費は良くても車格的にV6はありえん。他のメーカーの高級車もダウンサイジングエンジンを載せてきているけど、この手の高級車を新車で買うような層は燃費なんてあまり気にしてないはず。

        • icxyw*****

          センチュリーは“日本のフラッグシップ”として、クラウンは再び“いつかはクラウン(ロイヤルサルーン)”として存続させるべき。アリストは(クラウン)アスリートの後継として復活させるべき。現行レクサスLSはコンセプトから見直すべき。

          • gqjqj*****

            べきべきうるさいわ

        • yraq*****

          21世紀はクルマは自由に空を飛んでいるだろうと思っていた子供の頃から夢は覚めアルファードに乗せられている現実、レクサスはv6やターボでは無い水素か電気のドローンカーを開発してほしい。いつまで時速40キロで走らされ80メートル毎に信号に引っかかる交通事情に呆れるばかりだ。

          • ipwb*****

            個人的にはアリストの初代と2代目、セルシオの2代目は、今見ても惚れ惚れする外観。あとこの記事とは逸れるが初代と2代目のソアラかな。ランクル70みたいに復刻版を販売してくれないかな。買う金はないが…

            • doh*****

              アリストは不運だったね。16は最高だったのに、LEXUS GSで立場を失った。セダン復権したらアリストとして復活してほしい。

              • vbwg*****

                センチェリーは別格として、やっぱり初代セルシオとアリストにはときめいたねスタイリング・性能ともに当時を考えると贅を尽くしてた

                • lgokt*****

                  当時セルシオのインパクトが大きかったことを思い出す

                  • ntg*****

                    ターボと比べてかなり高額なハイブリッドの意味はなんだろう?

                    • gqn*****

                      燃費規制対策?

                  くるまのニュース

                  Posted by jinchangz