桶川ストーカー殺人の遺族「包括的に被害者守れる法に」

 ストーカー規制法制定の契機となった埼玉・桶川ストーカー殺人事件(平成11年)で長女の猪野詩織さん=当時(21)=を失った両親は、後を絶たない事件に胸を痛めている。

 父の憲一さん(70)は講演活動を中心に再発防止を訴え続けてきた。17年に重度の胆管がんと宣告を受けたが「被害者の気持ちを代弁しないといけない」と今も活動を続ける。

 ただ、当初は複雑な気持ちだったという。

 事件約半年後の12年5月18日、詩織さんの22歳の誕生日にストーカー規制法は成立した。ストーカーの存在が広く認識され、「犯罪だ」と明確に定められた。だが、「こんなものができてどうなる。詩織を返してくれ」。娘の命と引き換えに整備された法を憲一さんと母の京子さん(70)は喜べるはずはなかった。

 その気持ちに変化が生まれたのは被害者からの言葉だった。《法律ができたおかげで助かりました》。感謝の言葉が数多く寄せられると、両親には「詩織と同じような苦しみを、もう誰も味わってほしくない」とする思いがわいたという。

 詩織さんは11年10月26日の昼過ぎ、大学に通学途中のJR桶川駅近くで刺殺された。事件前、仲間と共謀した元交際相手の男らからは無言電話や自宅周辺の徘徊(はいかい)の嫌がらせを数カ月にわたり受け、中傷ビラまで大量にまかれたが、警察は本格介入してくれなかった。

 制定された法や桶川事件を教訓に、警察はストーカー事案に積極介入するようになった。しかし、時代とともにストーカーも変容し法の網目をかいくぐる被害は後を絶たない。憲一さんは「警察に相談している被害者は氷山の一角に過ぎない。包括的に被害者を守れる法律に改正する必要がある」と感じている。

 自宅居間には、笑顔の詩織さんの遺影が飾られている。遺影は詩織さんが大好きだったというひまわりの花で縁取られている。「ひまわりのように明るく強い子だった。私たちの姿も見守ってほしい」。京子さんはこう話し、2人で活動を続ける覚悟を示した。(王美慧)

 ■桶川ストーカー殺人事件 平成11年10月26日、埼玉県桶川市のJR桶川駅前で、女子大生の猪野詩織さんが元交際相手の男の兄が雇った男に刺殺された。埼玉県警は家族から相談を受けたが、調書の「告訴」を「届け出」と改竄し、告訴取り下げも要請していた。兄は無期懲役、実行犯は懲役15~18年の判決が確定。元交際相手は事件後に水死体で見つかった。自殺とみられる。【表】ストーカー規制法の対象行為の拡大の経緯

続きはこちら

  • dryl*****

    この事件は被害者が生きているときから被害が明らかになっていたわけだから、被害者支援の枠組みができていて、警察の当事者意識が少しでもあれば防ぐことができた事件だと思う。ちなみに、被害者支援の観点では、被害者遺族は家族を失った後でも二次被害、三次被害を受け続けていることを忘れてはいけない。2年前の新潟女児殺害事件。あの事件も事件後のマスコミ報道姿勢はひどかった。そのうえ、事件前から加害者の女児を狙った奇行・蛮行を知っていながら放置していた加害者両親の立ち振る舞いも最低だ。ノコノコ裁判に出てきて、知らぬ存ぜぬで、息子を支えるから減刑しろと訴えていた。こんな国おかしい。間違っている。

    • qru*****

      セカンド・オピニオンとして。せめて、導かないとね。

  • nqa*****

    本当に気の毒な事件だと思う。ストーカーが殺人まで実行する事件が後を経たないから、単につきまとって迷惑をかける犯罪だという認識から、ストーカーは殺人の可能性が高いという認識で刑を格段に重くすべきだと思う。刑の重さを抑止力にするしか、とりあえずない。例えばだけど、つきまとうだけで懲役10年以上15年未満だとしたら、今よりは抑止になるのではないだろうか。

    • lmm*****

      つきまとうの定義がどうなるかだなー後ろを毎日歩いていたらつきまとい?朝の通勤ならあり得る状況。警察の警告を待っていたら遅いかもしれない。

  • irram*****

    リアルな話をすると、被害防止の為の法の改正って、結局は、①簡単に犯人を身柄拘束できる法律、②捕まえた犯人を一生刑務所から出ないようにできる法律、この2つしか意味ないですね。でないと、結局被害者が、犯人の知らない住所地に引っ越すしか再被害防止のやり方はないんだから。

    • vgrhb*****

      君が説明している方法が今のスタンダードなのでしょう。人間の欲求は…食欲・性欲・睡眠欲とか。ただ…これを否定すると人間にならない様な感じを受けます。人間自体が地球からいなくなった方が良いのかな?それも一つの選択です。

    • pefeg*****

      この桶川事件を契機として警察の民事介入が始まった様です。でも…考えてみて欲しい。何故? スカートの中にスマホで写真を撮る民間の人の実名が出て、警察官が同じことをしても実名が出ないのか?これじゃ…世の中がおかしいよ。

  • hvb*****

    私もこの事件の少し前にストーカーに合いました。でも、誰にも相談できず、警察に伝えても「本人同士の別れる別れた話だから」と言われそうな当時の風潮に、なにもせずに耐えました。その後、法改正になるまで動いてくださり、同じような被害者の一人として感謝しています。ご両親にもこの法改正に関わって頂いた方々にもありがとうございますと伝えさせてください。

    • fftvh*****

      男見る目ないね。

    • ysv*****

      警察官ってオッサンばっかだし基本色恋沙汰は男の味方ばっかりしたがるしな。話にならない奴ばっかだよ。

  • iics*****

    桶川ストーカー事件とは、加害者側の問題に限らず、警察が加害者の味方をしているかのような不作為をいくつもあった。目の前で炎があがっているのに、消火活動せず、消防士が遊んでいるようなもんだった。消防士には現実にはそんな人いないと思うけど、警察にはおどろくほどよくいるもんなぁなんでだろうか

    • naww*****

      加害者が風俗店を経営していて、完全にヤの字の人間だから警察にもコネがあったかもしれないね。この事件、ゲーセンでナンパされたって経緯もどうも怪しいんだよなーゲーセンに連れ出した友人も加害者の繋がりだったんじゃないかな。友人に頼まれてスナックで仕事を手伝っていた被害者が、そんなに偶然に風俗店経営の男にゲーセンでナンパされるかねえ。目をつけられてやくざの縄張りに入ったら終わり、っていう話、昔から聞くから。いい女がいたらうまく縄張りに誘い込む。被害者は、人が良すぎだんだろうね。とにかく不憫だと思う

  • vua*****

    この時の上尾警察の対応があまりにも酷いこの改竄警察官にも県民の税金が使われてるってありえないストーカーを行う者は強く罰するべきで、まだまだ甘い措置だと思いますストーカーはエスカレートするって事を考えた対応策を講じて欲しい

    • loae*****

      上尾警察の対応は本当に酷くずさんだった。詩織さんやご親族の方の気持ちを考えると誰のための警察なのかと憤りを感じる。年々ストーカー被害者が増える世の中になり規制法が厳罰化することをせつに願うばかり。

  • uuak*****

    この事件は犯人は当然憎いが警察とくに記者会見時にヘラヘラ笑いながら会見してた県警のヘボ警察も許せない事件だった。人の人生を狂わする立場、力のある警察に対して不当な行使は罰則強化もあっていいはずだ。

    • wcmj*****

      この事件ワイドショーでもかなり放送されたからよく覚えている。要は仕事したくない、事件があっても気づかない振りしとけ病に警察が冒されていた事件だ。単に加害者と被害者の話ではなく、事件を完全無視し続けた警察の体質や、市民がムダ金を警察に吸われ続けていて、誰を信用して良いのか分からなくなった問題事案だ。この後にも刃物を持った犯人から警察が逃げまくる映像が取材クルーに写されてて、当時の警察長官が激怒した警察暗黒時代も浮きぼりになった。警察よしっかりせよ!市民の味方じゃないのか!

      • nvde*****

        逆にまともな責任感ある人は、、、この時代、警察官になりたくなくなるのでは。ボランティア過ぎる、あまりにも割に合わない、、、神や仏ではない、、、警察官でなく、我々全員が被害者を守り、加害者をなくすようにしないといけない

    産経新聞

    Posted by jinchangz