寿命縮める「座り過ぎ」/運動の“貯金”帳消し/立ち机上手に利用を 100歳時代プロジェクト

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて自宅などで過ごす時間が増える中、座って過ごす時間も長くなりがちだ。この「座り過ぎ」が高齢者らの生活習慣病のリスクを高め、ひいては寿命を縮めると指摘されている。運動習慣がある人でも、座っている時間が長くなれば運動の効果を帳消しにもしかねず、専門家は「ちょっとした動き」を日常生活で意識する重要性を訴えている。(山本雅人)

 ■死亡率4割増

 座り過ぎの危険性を指摘するのは、早稲田大スポーツ科学学術院の岡浩一朗教授。岡氏によると、オーストラリアで約22万人を対象に3年間追跡した研究では、1日のうちに座って過ごす時間が長い人ほど、がんや心臓病、脳卒中による死亡率がアップし、11時間以上の人は4時間未満の人に比べて、死亡率が4割も高かった。

 また、日本人が1日のうち座って過ごす時間は平均7時間とも指摘し、「先進20カ国(G20)の中でも最長だ」と語る。その一因として、靴を脱いで和室などで過ごす文化の影響もあるとした。

 また、「データの解析から、1日8時間以上座っていると、さまざまな病気のリスクが高まる」という。

 そのメカニズムはこうだ。座って動かないままでいるとふくらはぎや太ももの大きな筋肉が使われなくなる。すると、血中の糖や中性脂肪が血管内にとどまったままとなり、高血糖や動脈硬化で死亡するリスクがアップする。最近では、座り過ぎが認知機能に悪影響を及ぼすことも分かってきている。

 さらに、ジム通いやジョギングなどの運動習慣があったとしても、座る時間が長いほど病気のリスクが高まるとの報告もあり、「運動習慣の有無と座り過ぎは別物だと考えて、“後で運動すればカバーできる”といった考えは持たないほうがよい」とも語る。

 ■「低強度」が減少

 では、ただ座る時間を短くして、定期的に立てばいいのか-というと、それだけではないという。

 食後の血糖値に関する研究で、長時間座った後に立った際、周囲を歩くなどの「ちょっとした動き」を行うと数値が改善されるものの、ただ立つだけでは改善しないとのデータがあり、「ちょっとした動きを取り入れることが大事だ」と岡氏は強調する。

 現代人の生活のうち、この「ちょっとした動き」に該当するのは、「ゆっくりとした歩行」や「コピー機へ移動してのコピー取り」「店舗での立ち仕事」といった低強度の身体活動で、1日のうち35~40%を占めるとされる。ただこのコロナ禍での外出減少などで「(通勤や自転車に乗るといった)中強度の活動や座っている時間を除いた、この(低強度の)部分が特に減っている」という。

 そこで岡氏が勧めるのが立ち机(スタンディングデスク)の利用。立つことで脚の筋肉を使うだけではなく、「座って過ごしていると立ち上がって動くのが面倒になるが、立っていたら次の動きが取りやすい」とし、「ちょっとした動き」を増やす効果が期待できる。

 オフィス用だけではなく、家庭で使えるサイズの立ち机も販売されており、立って使うことに特化した高さ固定のタイプ▽上下昇降することで座ったときにも使えるタイプ▽既にある机の上に載せて立ち机に変える小型のタイプ-などさまざまなものがある。

 使用の際には「疲労軽減用のマットを敷くか敷かないかでかなり違うのでセットで使うとよい」とアドバイスする。

 岡氏は「座り過ぎの有害性を意識し、立ち机のみならず、テレビのリモコンを離れた場所に置くなど“ちょっとした動き”が多くなるよう工夫してほしい」と話している。【表で見る】自宅でできる健康維持法

続きはこちら

  • ykub*****

    満員電車で立ってるときでも寿命を延ばす効果があると考えれば、少しは気分が良くなるかもな。

    • mhr*****

      満員電車はストレスで寿命を縮めてるよ

    • lzfzn*****

      スカスカの電車内で吊革持つのも怪しいしな。

    • nma*****

      そうそう!車通勤より、はるかに健康的!

    • btgsr*****

      そもそもあの満員電車が異常と言う事すら麻痺していた事にやっと気づいたんじゃないの?

  • thcaz*****

    まともに年金受け取れない世代ですが、100歳まで生きたらと思うとゾッとする。。適度なところで死にたい。。

    • shz*****

      人生100年時代なんて、本当なのかな?と疑っています。

    • djsj*****

      まず、まともに年金を受け取れない世代って、メディアがいってんだよねそもそも年金は新入社員の時に60歳から満額支給って契約で払ってるもの。勝手に使っていいことにしちゃえって法律強引に通しグリーンピアとか第三セクターとか使い込んでおきながら、払えませんって許して言い分けないよ貰えない世代なんだよななんて呑気な事を言ったらダメだよ結託して訴えないと

  • qjc*****

    少しでも動く立ち仕事ならまだ良いかも知れませんが動かなすぎる立ち仕事は疲れるだけです。あと身長によって適正な机の高さも違いますから、これらが出来ないなら椅子と机の方が良いでしょう

    • qxk*****

      在宅勤務はスタンディングデスクでやった方が仕事的にも健康的にも効果的だと思う。

      • mnspg*****

        主人が立ち机を愛用していましたが、夜中にふと意識が遠のきそのまま倒れて床が硬かったので、頭蓋骨骨折。夜中には使わないようにお気を付けください。

        • fkvw*****

          少し体調が悪い時は、座り仕事だからこそなんとか我慢して出来るということもある会社でずっと立って仕事しろって言われたら、体調悪い日は仕事できない

          • mbxl*****

            論文で、インパクトがあるネタがあったら即事実、みたいな流れはどこまで続くのか。人間がもつ理性とか知性ってものは、一体どこに消えたのか。実際、研究している側だって、経験や直感とあまりに外れている事実を認めて、実生活に応用するかというと、難しいんじゃないかしら。科学的事実を捻じ曲げたり、捏造する必要はないけど、常識も大事だと思う。

            • sqj*****

              海外では普通。固定概念と村意識、農民思考の日本人には自由な論理はないんで、改善される事はないと思いますね。

              • jod*****

                >1日のうちに座って過ごす時間が長い人ほど、がんや心臓病、脳卒中による死亡率がアップし、11時間以上の人は4時間未満の人に比べて、死亡率が4割も高かった上記は、観察研究による相関関係なので、「1日のうちに座って過ごす時間が長い人は、がんや心臓病、脳卒中による死亡率がアップし、11時間以上の人は4時間未満の人に比べて、死亡率が4割も高くなる」という予測は正しくても、「1日のうちに座って過ごす時間を長くすれば(させれば)、がんや心臓病、脳卒中による死亡率がアップし・・・」という因果関係を証明しているわけではありません。座っている時間と健康との因果関係を議論するなら、もうそろそろ観察研究はお仕舞いにして、実験研究に移るべきと思います。

                • swv*****

                  腰を痛めてる時、立っている方が楽だったりするのもそういうことなのかな。

                  産経新聞

                  Posted by jinchangz