若手芸人のギャラを公開、最高月収1位は

「さんちゃん芸人牧場 イチバンは誰だ!?正月SP」と題した正月の特番『明石電視台正月SP』(毎日放送)。その収録がおこなわれ、関西の若手芸人33人が登場した。

若手芸人100人にアンケートを実施、それをもとに様々なテーマに対して「イチバン」を選んでトークする同番組。新型コロナの影響を大きく受けた若手芸人達の実情が明らかになり、懐事情の暴露大会が展開された。

また番組では、最高月収も明らかに。昨年、220万4710円だった吉本新喜劇・吉田裕が2年連続1位に輝き、その給与明細を見たさんまが驚きの声をあげる。

そのほかにも、「仕事が激減した芸人」や「借金イチバンの芸人」が発表されるなど笑えない(?)テーマも見所だ。この模様は、2021年1月2日・昼1時30から毎日放送で放送される。

続きはこちら

  • gve*****

    久しぶりに家で年末過ごしてるけどテレビつまらなすぎる

    • wyys*****

      さんま 劣化してる

    • lwn*****

      年末年始は仕方ないけど特番ばっかで観る気があまりしない…

  • awh*****

    テレビ局やる気あるの?年末年始の番組を観ると適当に仕事してる感が凄い。働き方改革もわかるが酷いな。

    • iuon*****

      テレビがレベル低いんじゃなくてYouTube(YouTuberの企画物)の方が面白いって言って観てる側の層のレベルが低いだけ

    • sfiat*****

      こんな番組ばっかだからYouTubeに流れるんだよな

    • wwyv*****

      テレビが面白くなくなったのは分かるがYouTuberの方が面白くないわ

    • gdig*****

      地上波はなんだかんだと最大公約数を狙っていることや構成作家もいるため↑ウソ言えよ。地上波なんて6チャンネルくらいしかないのに見るに堪えないものばかりだろ。洋画を動画で見ているほうがはるかに面白いわ。

    • qbesh*****

      層が違うもんなぁ、自分もターゲット層だったんだけど今はそれも昔。若い子の漫才も早すぎてついていけない、歳はとるもんじゃないね。

    • wvcuw*****

      みんな目が肥えてらっしゃる。娯楽が多くなったので贅沢だね。大昔の大衆娯楽と比べると贅沢すぎるほど楽しいよ。俺は普通に楽しんでます。よかった、こう言う人間で。

  • zre*****

    コロナ禍で、まともな取材ができない。収録もできない。制作も限界がある。コロナ禍で、連日テレビでは感染拡大の現状と感染防止策の話しや議論が続き、アクリル板越しにしゃべりまくりの情報番組が中心になってきた。国民は、ずっと喋りまくる番組に辟易していると思う。M-1がつまらなかったのも、出演者だけのせいではなく、しゃべくり漫才が、ただただやかましく聞こえたように感じる良質の新作ドラマや新作映画に飢えているように思う。心がほっこりするひとときを求めているのかな。

    • rqpt*****

      テレビ番組の質は昔から変わってないと思います。でも、面白くなくなったと感じる人は多く、その原因の一つとして、ノイズへの対応力の低下が挙げられます。年を取ると、民放番組を視聴するのがしんどくなります。無意識に音量やテンポの速さについていけなくなるそうです。また、持久力や集中力も衰えてきます。昔は好きだった2時間ドラマも、途中で飽きてくるようになります。この現象は早ければ30代くらいから生じるようです。実はテレビが面白くなくなったという人は中高年に多く見られ、その傾向は30年くらい前から変わらないそうです。なので、最近テレビが面白くないと感じたら、まず老化を疑った方がいいでしょう。

      • bzkk*****

        どこかでも言ったが、俺が年とったせいなのか、さんまを受け付けない体になっちまった。ただうるさいだけで面白くない。向上委員会?だっけ?あんなの正月からやる番組じゃないだろうよ。なら、昔のドラマの再放送か、BSでやってる動物モノの方が、はるかに面白い。

        • zbvb*****

          さんま見ているとイタイ。還暦をとっくにすぎて、染めてなければ白髪でしょう。落語家は年取るとあじがでてくるのに、結局中身のないトークだから、見ているほうもきつい。だから見ない。

      • guupn*****

        優秀な人材がYouTubeやネットTVに流れてるのは裏方もなので、品質そのものが逆転する時がくるでしょうね。

        • mprt*****

          コロナで広告収入が激落ちしているので、支出を減らすことに徹底。ロケ番組も、事前調査と仕込みが見え見えで昔のような手間をかけたできはない。関西ローカル局で、タイミング悪く社屋移転する局があるが、財政的に耐えられるのだろうか。スポンサーがつかない、広告収入が減る、番組制作費を落とす、番組の質が劣化する、広告効果が低下してまたスポンサーが降りる。まだ規模が大きい関西でも厳しいのだから、地方の放送局はさらに厳しいだろう。これまで特権に胡坐をかいていた民放放送局、国民にとってテレビがなくてもやっていける状況、厳しいと思う。若手芸人の中で生き残れるのは1%、でも最近の吉本芸人、もう飽きられている。

          • kaw*****

            すでにテレビは正月モード朝から晩までドラマの再放送とか総集編CM多いしテレビ局もやる気なし

            • qyl*****

              この番組最近は全然見てないけど、昔のゲストトークと一般視聴者参加型のクイズに戻した方がいいんじゃないの

              • hfx*****

                そしたらさんまさんも発表しなきゃねぇっていうか若手だけじゃなく中堅やベテランも言わないと

                Lmaga.jp

                Posted by jinchangz