【地域に生きる】「じいちゃんかっこいい」魚のとれない海で生きる少年、祖父の不安

瀬戸内海に浮かぶ広島県呉市・豊島。

ベテラン漁師・北瀬勝繁さん(73)は、伝統の一本釣りで数多くの獲物をつり上げてきた。

しかし仲間の漁師の数は減り続け、さらに不漁も続き「漁師には夢がない。ダメだ」と話す。

そんな中、2020年の春から勝繁さんのもとで孫の孝太が漁師の修業を始めた。

「じいちゃんみたいになりたいから漁師をする」と公言する少年と、跡継ぎが出来たことを喜びつつも、ベテラン漁師だからこそ知る今の漁業の苦しさを孫に味わせたくないとも考える祖父。

「仕事をすると言ってもメシは食えるか…それが心配。生活ができるかどうか。ワシでも生活にならんくらい。給料もあがらないし」

瀬戸内の島の厳しい現実の中、漁業に挑む祖父と孫の姿を追った。【画像】美しい朝日を浴びながら行われるひじき漁

跡継ぎという“希望”以上に募る不安

瀬戸内海に浮かぶ広島県呉市・豊島。

人口約1,000人の豊島は、古くから瀬戸内海随一と言われる腕利きの漁師たちが集う島だ。

上質な鯛やあなご、ブランド化された太刀魚で知られている。しかし他の島の例にもれず、高齢化と過疎が進み、漁師の担い手は不足。

不漁も相まって、島の漁業は危機に瀕している。「20年くらい前だったら、午前4時頃でもいっぱい漁師が歩いていた」と、漁に向かいながら話すのは、60年に渡って海に出続けている73歳の北瀬勝繁さんだ。

「瀬戸内はどんどん魚が減るばかりじゃ」とぼやく勝繁さんのこの日の釣果は、市場で売っても1,000円ほどだと嘆く。2019年8月。勝繁さんの孫で広島市内に暮らす高校3年生の孝太がやってきた。

「小さい頃からの夢、なりたいのは漁師。小学校の時に作った美術作品は、カッパを着て魚を持っているもの。じいちゃんみたいになりたいから漁師をする」

漁師のじいちゃんに憧れ続ける孝太は、この日、“島の漁師になりたい”という卒業後の希望を伝えた。

「70年間培ってきたことを教えるのは、それだけでも大変。俺の跡継ぎとして何とかやっていけるというより、一番は生活じゃけんの。どれだけ勉強してなろうと思っても、生活するのは大変。メシは食えるようになんとかしなきゃならん」

そう話す勝繁さんの胸に、跡継ぎという“希望”以上に募るのは、孫の人生を引き受ける不安だ。

続きはこちら

  • hrxd*****

    おじいさんも漁の厳しさを身をもって知っているだけにお孫さんが漁師になりたいと言っても手放しでは喜べないんだろうね。その気持ち分かる気がする。それと、おじいさんの「一番良いのは会社員」というのは考えさせられる話でした。一次産業の担い手が不足しているいう話は聞くなかで、当事者の方のこの言葉は重い気がする。

    • tqguj*****

      漁魚ではないですけど、私の住んでる田舎も同じで、上の年代が子供や孫に農業やらないでサラリーマンになれって言ってます。その結果、耕作放棄地が急激に拡大しています。非常にこの現状を懸念しています。

    • eqzef*****

      会社員もこの時期 いつ解雇されるか分からない綱渡りの人生。 定額の安月給の割に上司からのパワハラ、顧客からの無理難題、同僚との人間関係 虐め。コンクリートの檻の中で長時間労働していると、この記事の様に住まい、漁船、技術と爺ちゃんの温かいサポートを受けながら瀬戸内海で漁師になりたい。

  • xivdh*****

    山は海と繋がっていて、海は世界と繋がっている。多分、いろんなことが不漁の原因なんだろうけど、どうしたら魚がたくさん戻ってくるのかな。単純にとりすぎ?海水温とかも関係あるんだろうか。魚、好きだから頑張って欲しいけど、大変だという話を聞くと簡単に頑張ってとは言えないよなぁ。漁師さんがいるから、美味しい魚が食べられる。本当にありがたい。関係ないけど、私はカンパチとメバルが好きだ!

    • bzyn*****

      苦労された方は、跡を継いでくれとは、いいずらい。ただ、孫のためになるように、考えて、言葉を発する。知識は、時代遅れなのかもしれないけれど、人間としてのやさしさを感じる。本人次第ということになるが、じいちゃんは、内心、喜んでいると思う。苦労はすると思うが、一生懸命やってほしいと思う。いずれ、一次産業で培った経験が生きる日が来ると思う。

      • sgz*****

        山に木がすくなくなると河川を通じて海に養分が流れなくなり結果、魚が少なくなると聞いたことがあるが…なんにせよ事業環境悪くなった業界でご飯を食べるのは大変なこと。自営業やってますが高校生の娘が将来的に店を継ぎたいと言ってくれました。嬉しい反面この記事のように不安が募る。好きな仕事でご飯が食べれれば一番なのだが…

        • raw*****

          うちも子供のころは農業継ぐのが当たり前だったがたばこが減反になり米と続き高校卒業の頃には兼業農家となり親父が思いきってヤメタ。今は家業どころか子に相続すら考える・・・たぶん山林・畑・田・実家・お墓の維持全部はもう出来ないと思う。すでに山林に関してはもう場所と境界が怪しい子供のころ祖父に教えられて以降行ったことがない。元気なうちはなんとか守りたいが・・・・

          • pjasu*****

            ご存じと思いますが、法務局や市町村役場へ行けば土地の所有関係はわかります。私の場合、父が死んで数年間放置していたら山林の近所のオッサンから苦情が来ました。チェーンソーをヤフオクで買い、雑木や竹を切り倒しましたが・・・果樹が何本か枯れてました、カミキリムシとつる草のせいでね。

        • zfkqj*****

          日本で鰻の減った原因が河川の護岸工事のせいで雨後に河川にミミズなどが流入しなくなって餌が減って、隠れ家もなくなった事らしい。そして日本の海から魚が減った原因はシラスを獲ってるからだ。シラスは海に住む魚にとって人間のお米みたいなものであり、そういう餌が減って日本近海の魚の減少が進んでいる。これを餌にしてるアジやサバ、イワシ、その他の魚にとって影響があるし、アジやサバ、イワシなどを餌にしてる大型魚がアジやサバ、イワシが減るから、その影響で減るのも当然だと思う。もしも日本の近海でシラスを獲るのをやめれば2〜3年で魚の豊富な海に戻るよ。

          • laf*****

            うう、シラス大好きだからもしそれが本当なら心が痛む。大根おろしとシラス、小松菜と炒めたり、ご飯にかけたり…でももし本当に豊かな海に戻るなら、シラス我慢するよ!

        • nsmsa*****

          >「海には金が転がっとる。とれるかどうかは腕次第この感覚で漁師を続けるなら未来はないだろうな・・・過去に魚を獲り過ぎちゃってるんだから、これからも腕次第なんて言ってたらダメでしょう。これからは持続可能は方法に変えていかなきゃ。瀬戸内海は海がキレイになり過ぎて魚が減ったって話も聞きますね。海だけじゃなくて地域全体の環境を考えられて、獲るだけじゃなくて育てることも考えられる漁師になって欲しいね。

          • ddo*****

            漁師を完全な世襲制にしてる漁業権は、すぐに廃止すべき悪法。漁師の家に生まれたモノだけが、無条件で何歳になっても漁師になる権利を持てるなんて、論外。世襲議員ですら、努力して選挙で勝たなければ、後は継げないのに。

            • varx*****

              「餌を食いに来たのが分かってない。それが分かるようになるまでは時間がかかる」この言葉、釣りの名人と呼ばれる人は似たことを言う。アタリが来る前に合わせろとか。魚の気配を感じろとか。釣りを始めて30年たつが、この感覚はさっぱりわからん。

              • czo*****

                乱獲なのか、海水温の上昇などの水域の変化か農家と違い狩猟系の職業は大変そうですよね。

                FNNプライムオンライン

                Posted by jinchangz