車にはねられた女児「大丈夫です」→1万円渡して立ち去る…これも「ひき逃げ」なの?

交通事故ではねた相手が「大丈夫」と返答したことを受け、現場から立ち去った男性が、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、千葉県警に逮捕された。

千葉日報などによると、男性は12月31日、軽自動車を運転中、小学生の女児(10)をはねて、左手に軽傷を負わせた。事故直後に男性が「大丈夫?」と声をかけたところ、女児は「大丈夫です」と返答した。男性は女児に1万円を手渡して、警察に通報することなく現場を立ち去った。

男性が立ち去った後、女児から連絡を受けた母親が110番通報し、千葉県警が男性を特定し、逮捕に至ったようだ。男性は容疑を認めたという。

被害者に声をかけ「大丈夫」と言われて立ち去った場合でも、「ひき逃げ」になってしまうのだろうか。また、ドライバーはどう対応すべきだったのか。星野学弁護士に聞いた。

●たとえ軽傷でも警察に報告しなければならない

――被害者本人が「大丈夫」と言っていたようですが、それでもひき逃げになるのでしょうか。

「ひき逃げ」というと、何か積極的に被害者を無視するなどして、事故現場から逃走する様子をイメージしてしまいます。

しかし、交通事故を起こしたドライバーには、負傷者を救護する義務(救護義務)とともに、交通事故の発生を警察官らに報告する義務(報告義務)が課されています(道路交通法72条)。

それらの義務を果たさず事故現場から立ち去っただけで、救護義務違反・報告義務違反(「ひき逃げ」をした)として刑事処罰の対象となってしまうのです。ケガが軽ければ罰金程度でしょうが、重ければ懲役刑もありえます。

――今回の事故にように軽傷でも警察に報告しないといけないのでしょうか。

道交法は、救護義務・報告義務を課す場合の「交通事故」について、「車両等の交通による人の死傷若しくは物の損壊」と定めていますが(67条2項)、被害の程度は問題にされません。

したがって、被害者がまったくケガをしていないことが明らかなような場合でもなければ、たとえケガが軽微だとしても、被害者が自力で歩行できたとしても、運転者は救護義務・報告義務を果たさなければなりません。

●交通事故のケガ、症状が遅れて出ることも…「警察官の指示に従って」

――ドライバーはどう対応すべきだったのでしょうか。

たとえ被害者が事故直後に「大丈夫」と答えたとしても、その言葉を鵜呑みにせず、被害者の状態を注意深く確認する必要があります。

報道によると、今回は手の軽傷で済んでいるようですが、交通事故の場合、その衝撃などで目に見えないところで思わぬケガを負っていることや、事故発生直後には症状が出なくてもその後に症状が出ることもあります。

きちんと警察に事故発生の報告し、到着した警察官の指示べきだったといえるでしょう。

――男性は女児に1万円を渡したと報じられていますが、これはどのような意味があるのでしょうか。

女児に1万円を渡した行為は、男性としては、おそらくケガが軽傷だったことから治療費相当のお金を渡すことで、大きな問題となることを避ける目的だったのでしょう。

しかし、法的にはあまり意味がない行為と評価せざるを得ません。

たとえ治療費名目で女児にお金を渡したからといって、救護義務・報告義務を果たしたとはいえません。また、相手は未成年者なので法的合意をする能力がないため、お金を受け取ったことを「示談」と評価することもできません。

せいぜい、(1)損害賠償金の一部を内払いした、あるいは(2)損害賠償金とは別にお見舞い・贖罪金を支払ったという評価がされる程度でしょう。

ただし、犯罪の成否およびその重さを決める刑事手続きでは、相手が子どもだったので「口止め料」を渡して自分の犯罪が発覚することをまぬがれようとしたとマイナスの評価をされる可能性のほうが大きいと思います。

――お金を渡した本人にとってかえってマイナスになるリスクがあるのですね。

最近は、たとえ事故を起こしたとしても、ドライブレコーダーの映像などから子どもの飛び出しが認められて処罰されないというケースも少なくありません。

そのため、警察に事故発生の事実等をきちんと申告していれば何の処罰もなかったはずなのに、その場から立ち去ったために救護義務違反・報告義務違反として処罰されるという結果が生じてしまいます。

やはり、ドライバーとしては、事故が起きた場合には、原則どおり相手方にケガがないかを確認し、警察に報告するための行動を取るべきだったでしょう。

【取材協力弁護士】
星野 学(ほしの・まなぶ)弁護士
茨城県弁護士会所属。交通事故と刑事弁護を専門的に取り扱う。弁護士登録直後から1年間に50件以上の刑事弁護活動を行い、事務所全体で今まで取り扱った刑事事件はすでに1000件を超えている。行政機関の各種委員も歴任。

事務所名:つくば総合法律事務所
事務所URL:http://www.tsukuba-law.com【写真】危ない!バスがヤバい幅寄せ

続きはこちら

  • yfm*****

    路地から出るときに車道から歩道に戻るチャリが横っ面にズドンという事あったな。こっちはやっちまったと思ってたらそのままチャリのおにーちゃんは逃げて行った。仕方がないので警察呼んで事故処理したけど、何でこっちが悪いのかわからんまま警察にお説教。(車道から歩道に入るってことはこっちは優先道路の手前で徐行中自転車は車道を走ってればこっちに当たらずに済んだと思う)まあチャリンコ乗りが保険に入ってるとも思えずこっちらは泣く泣く自腹で板金。事故処理後警官から相手が後から出てきたとしても逮捕や書類送検の可能性があると脅された。なんでこっちが100%わるい前提で話するんだよと思った。

    • hrr*****

      状況が少し把握しにくいですが、、、停止線で一旦停止、その後 安全確認しつつ徐行で本線まで進んでいた所に横からぶつけられた?なら情状酌量の余地ありかな。

    • pet*****

      1,交通ルールだから一時停止して走り出した2,安全確認のために一時停止して安全が確認できたから走り出した優先道路を走行している自転車は見えていたんですよね。

    • idf*****

      最近はチャリ側が悪くなくても、逃げたのなら酒飲んでた可能性があると判断される。コロナ禍で夜の店で働く人も増えたから”当てられ逃げ”も増えてる。で、後日「当てられた」と何食わぬ顔で警察に被害を訴えに来る。何はともあれ事故ったら警察に通報するのが無難。

    • lag*****

      逃げてしまうと、自転車側にも過失があると思うよね。100:0でなければ、自転車の修理代は車側が払うけど、車の修理代は自転車側が払う。だったら自転車は逃げるね。

  • qxg*****

    >ドライブレコーダーの映像などから子どもの飛び出しが認められて処罰されないというケースも少なくありません。本当に死角からの飛び出しは怖い。子供とか歩行者ならまだ想定できるが自転車の一時不停止はマジで何とかしてほしい。

    • auisq*****

      少なくない? 本当かなあ? 警察官の仕事っぷりを予想すると、車が悪くなる事の方が少なくないと思うんだよなあ ドライブレコーダーがあったとしても

    • yalel*****

      普通に運転生活してからガキに追突されたこと2回ある。滅多にないだろうが他の方もあるんじゃないだろうか。幸いこっちが停止後だから罪悪感全く無いが、でもこの記事だと警察に報告はしないと、記事中の母親はまだギリ常識の範囲かもしれないがモンペ崩れみたいな親に通報されて人生パアーとは言わんがケチつく可能性もあるってことか。なんか釈然としないな。人としての善意とかは尽くしてるのに、尽くし足りないみたいな。

  • tcd*****

    わたしも小学生のころ、オバちゃんが運転する車にぶつかったことがある子供だったそういう知識ないし「大丈夫」と答えてしまった。母子家庭で母親はずっと仕事だったし、出来事を話すこともなかった。あれ、まずかったんだな。子供の自己判断が未熟なのをいいことに、あいまいにする大人は少数派だろうがいると思う

    • daeu*****

      事故その場では大丈夫でも、翌朝になったら腰が痛くて起き上がれないなんてよくある話それで医者に行って昨日車にぶつかって・・ってなると、医者は警察に交通事故の届け出があるか確認するそれで事故の届け出がなければ轢き逃げ扱いだからいくら相手が大丈夫、って言って去ってもドライバーは自分を守る意味でも警察への届け出はしなきゃならないよ

      • tqx*****

        数年前、信号待ちで停車していたら、子供(5歳位?)が横道から飛び出してきて、前輪側面部分にぶつかった。男の子はそのまま走り去ったが、怪我してるかもわからないし、後で親から「車にぶつけられた!(子供が親から怒られるのを怖がって嘘つく) ひき逃げだ」なんて通報されても困るので、その場で警察に電話してお巡りさんに状況報告。車体には手の跡はついてましたが、特に凹み等の損傷もなく、ぶつかった音も大したことは無かったので、多分怪我は無いかとは思いましたが。ドラレコにも映ってましたしね。到着したお巡りさんが状況説明後に書類を作成してくれ「もし、通報が来ても報告してあるのでひき逃げ事案にはならない。 自己防衛的にもすぐに警察を呼んだのはいい判断」という事を伝えられました。ドラレコ設置も大事です。通報も結局なかったし良かったです。

        • rajtq*****

          警察に通報は逆に自分を守ることにもなる相手方がヤバい人の場合どんな言いがかりを後で付けられるかわからない警察に実地検分をやってもらえば少なくとも事故直後の状況と相手の状態は公的に残る

          • btrgx*****

            コメ主の言う通り。自転車が行ってしまっても 一人で警察に届けるべきです。そのままにしておいて 相手が後からでも警察に届ければ確実にひき逃げになります。警察に届けておけば ひき逃げにはなりません。

        • syyn*****

          T字路で一時停止し、車を少し動かしたところに自転車が突っ込んできて衝突。救急車と警察を呼ぼうとすると、大丈夫大丈夫といい自転車で立ち去ってしまったと妻から連絡が。翌日その場所に行ってみると、その場所に看板が設置されており内容を読むと、昨日この場所で乗用車と自転車によるひき逃げ事故が発生!慌てて警察に電話して事情を説明し警察に出頭したが、もう少し遅ければ逮捕しに行くところだったと言われたとの事。単独物損もそうですが、事故を起こしたらとりあえず警察に電話しなければと思った出来事です。

          • pba*****

            こんなもん、ひき逃げじゃなく自転車の当て逃げだろうに!

          • wgk*****

            たとえ相手が現場から大丈夫といって去って行っても警察には連絡をして指示に従うべきですね。

          • wpull*****

            怖っ。これって自転車側が加害者寄りだから【大丈夫】とか言って逃げた状況ですよね。で、後から被害者面して通報。いい勉強になりました。とりあえず、ドラレコは必須ですね。

        弁護士ドットコム

        Posted by jinchangz