高コスパだけどココが惜しい!ワークマン愛用者が買って失敗した商品7選

暴風・暴雨・暴雪が吹き荒れるなか行われた「過酷ファッションショー」をはじめ、作業服を取り扱わない店舗「#ワークマン女子」をオープンさせるなど、アパレル業界に新風を吹き込み続けているワークマン。

11月9日に発表された「2021年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)」によると、プライベートブランドの人気が高まり、売り上げが伸びていることがうかがえます。

しかし、人気が高まるにつれ出てくるのは「これは失敗だったかも…」という声。今回は、ワークマン愛用者が「ここが惜しい!」と感じた商品を7つご紹介します。

ワークマンが高品質&低価格を実現できる理由とは

高機能な商品がプチプラでゲットできるとあり、人気を集めているワークマン。安さの秘密は、その売り方にあります。機能性を重視するワークマンではトレンドに偏り過ぎることなく、一般的なアパレルショップのようにセール販売をしません。長期スパンでの販売を軸に据えることで、1着あたりの生産コストを下げてこの価格を実現しているのです。

「毎日使って履きつぶすような靴や、子どもと公園へ出かけるときのアウターなど、安くて汚れに強いアイテムが多くて嬉しい」(30代女性)

「仕事用の靴やインナーは最近ワークマンで買っています。安いし、機能性も十分です」(40代男性)

ワークマンはSNSでの拡散力もあり、今や現場作業員だけではなく幅広い客層を取り込んでいます。その勢いは、あのユニクロに迫るほど。しかし機能性に特化するゆえに、「ちょっとこれはイメージと違っていた」ということもあるようです。

デザインや質感にちょっとガッカリ……

/* sc-component-id: sc-gqjmRU */
.kDbGuZ{margin-top:20px;}
/* sc-component-id: sc-htpNat */
.hrIyGd{width:950px;margin:auto;padding:12px;background-color:#4e555d;}
/* sc-component-id: sc-bxivhb */
.gPlJgd{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;-webkit-align-items:stretch;-webkit-box-align:stretch;-ms-flex-align:stretch;align-items:stretch;margin:0 -8px;}
/* sc-component-id: sc-ifAKCX */
.esrMco{width:25%;padding:0 8px;}
/* sc-component-id: sc-EHOje */
.ickGY{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .ickGY:hover{opacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .ickGY::after{content:";display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 0) 0;}.exrhXL{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .exrhXL:hover{opacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .exrhXL::after{content:";display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 1) 0;}.jhZTma{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .jhZTma:hover{opacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .jhZTma::after{content:";display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 2) 0;}.KjZLf{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .KjZLf:hover{opacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .KjZLf::after{content:";display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 3) 0;}
/* sc-component-id: sc-bZQynM */
.etOMYq{display:block;font-weight:bold;font-size:1.4rem;color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-gzVnrw */
.hsGpd{display:block;margin-top:4px;font-size:1.2rem;line-height:1.2;color:#8a8f95;}
/* sc-component-id: sc-htoDjs */
.jjGYP{margin:12px 20px 0;font-size:1.3rem;}
/* sc-component-id: sc-dnqmqq */
.dbIXmq{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;}
/* sc-component-id: sc-iwsKbI */
.bACKiA + .sc-iwsKbI{border-left:1px #3c4147 solid;}
/* sc-component-id: sc-gZMcBi */
.JliRI{display:block;padding:0 10px;color:#fff;} .JliRI:hover{color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-bdVaJa */
.NBdyd{background-color:#fff;padding:12px 0 20px;font-size:1.2rem;line-height:1.6;text-align:center;}
/* sc-component-id: sc-bwzfXH */
.gaFnxp:visited{color:#639;} .gaFnxp:hover{color:#cc3434;}エアロストレッチカーゴパンツ(税込1,900円)
空気のような軽さがウリのエアロストレッチシリーズ。ポケッタブル仕様で旅行やキャンプにも便利だと、幅広い層から人気を集めました。しかし、もともと作業服がベースになっていることもあり、シルエットや質感がイメージとは違ったという声も。

【口コミ】
「ナイロンっぽさが強くて、シルエットも想像以上にカジュアルな印象。うまく使いこなせませんでした」

MA1タイプユーティリティジャケット(税込1,900円)
1枚は持っていたい、MA-1タイプのカジュアルなジャケット。防汚・耐油・撥水機能に優れたテフロン加工を施し、アウトドアからタウンユースまで使いやすいアイテムです。しかし、愛用者が多いからこそ「ここが惜しい…」という声も。

【口コミ】
「去年のタイプを愛用しているので、新しい色を購入。でも生地が変わったのか、ちょっぴりごわつきます。生地は去年のほうが高見えするので好きでした」

綿かぶりヤッケ(税込1,954円)
デザイン的にもデイリーユースしやすいとの評判で、売り切れ続出した綿かぶりヤッケ。火に強く焚火やBBQで重宝すると人気を集めましたが、難点もあったようです。

【口コミ】
「脱ぎ着が面倒であまり使わなくなってしまった」

「ポケットも多いしデザインはいいけれど、首元がちょっと詰まりすぎ。後継モデルのアノラックパーカーのほうがおすすめです」

続きはこちら

  • rsc*****

    ワークマンのシューズをランニングシューズとして使用する方がおかしいと思うが。。。

    • ieg*****

      最近のワークマン、品質どうのこうのよりインフルエンサーマーケティングして高品質に見せてるだけな気がする

    • iac*****

      アスレシューズライトはスポーツ用のシューズとして売り出してWEBサイトのページでもランニングしている男女の写真が掲載されてるからあながち的外れなレビューでもないよアスレシューズ ハイバウンスなんてモロにスポーツモデルま980円や1900円のシューズにナイキとかと同じ性能を期待するのはお門違いではあるけどね

  • uhqnu*****

    製品の写真がない。ライターが実際買って確かめたわけではなく一部の口コミを切り取っただけのやっすい内容。

    • vrscc*****

      こういう記事って写真が無いとほぼほぼ無意味なんだけどね。いわゆるクズ記事。

  • rfo*****

    いくらカジュアルになったからと言って、作業着屋さんやで…何を贅沢を求めてるんや…

    • lnuj*****

      口コミの質が悪すぎる。安さと質を両立させようとするから日本の所得が下がる。ワークマンは大分頑張っていると思う。

      • eyeb*****

        大手アウトドアメーカーと比較しているコメ良く見ます。そもそも歴史も値段も全然違います。ファストファッションみたいな物だからワンシーズン使い捨てと割り切らないと。数年、毎年着ようとかどんだけ貧乏なの?

    • vcj*****

      あくまでも、ワークマンは作業着だということ。働いている姿は、みんなカッコ良い。ファッション性より、機動性を重視することを望む。

      • qvdoz*****

        2000円程度で何をそんなに高機能やデザインを求めているのか?それなら最初からウン万円の高機能付きを買った方が後悔は無いでしょう。ユニクロの様に最初はボロカスに批判されていたけど今は当たり前の様に皆着ている、ワークマンもまだ発展途上これから改良や意見を取り上げていくでしょう、もう5~6年待てば比較的満足が出来るのが出来るのでは・・・

        • faywc*****

          ワークマン利用している建設業の者です。確かにお洒落になり機能性も上がりましたが、着たい服が店頭から無くなったり、配置が片隅に追いやられたりで、寄り難くなりつつあります。特にワークマンプラスのお店は、仕事帰り(汚れた格好)とかに寄ると、他の客から白い目で見られるようになり、寄らないようにしてます。

          • lpg*****

            自動車修理屋です。オイルで汚れたツナギで行くと、お子様連れのアルファードのご家族様に避けられますね~ ここはワークマンでしょ! ホワイトカラーの方はせめてユニクロに行ってくれよ!って思いますよね。 金貰うから、あんたの車もなおすけどさ・・・

        • erx*****

          まずワークマンに何を期待しているのでしょうか?あくまでも作業着屋さんです。それを忘れてはいけません。そんな私も最近の評判を聞いて久しぶりに行ってみましたが、結局買いたい物はありませんでした。やはり値段なりの気がしました。

          • jzfmb*****

            頻繁に新しく出るワークマンの記事、専属のライターさんでもいるのでしょうか。ワークマンで買い物する事はありますが見て気に入ったものだけ。勿論当たりはありますがハズレ商品も多いという印象です。

            • wqr*****

              なんでもかんでもスリムにしすぎ。それでいてパンツなんかは簡単に膝が抜ける(膝の部分だけ伸び切ってしまう)。とにかく作業服以外は「痒い所に手が届かない」モノばかり。やっぱり「値段なり」のモノばかりです。

              LIMO

              Posted by jinchangz