東京・国分寺の謎 街なかに突如現れる「幅12mの歩道」とは

西国分寺駅の南東にある広い歩道

 西国分寺駅の南東側に長さ300m、幅がなんと12mもある歩道があります。近くに都立多摩図書館(国分寺市泉町)があるため、その関係で整備したように見えますが、実は保存された「遺跡」なのです。

 遺跡の名前は、東山道武蔵路(とうさんどうむさしみち)。奈良時代(710~794年)以前につくられた古代の官道、すなわち都と地方をつなぐ重要な道路です。

 大化改新(645年)や壬申の乱(672年)を経て、律令制(律令を基本法とする古代日本の中央集権的政治体制)が整備されると、全国の行政区画は五畿七道(ごきしちどう)に分類されます。五畿とは

1.山城
2.大和
3.河内
4.和泉
5.摂津

で、七道は

1.東海道
2.東山道
3.北陸道
4.山陰道
5.山陽道
6.南海道
7.西海道

を指します。

 律令制による官僚機構が機能するためには、地方と都との交通が欠かせません。それにより、国府(各国の地方行政府)への道が整備されていくことになります。【画像】ビックリ? 「東山道武蔵路」を見る

関東の中心地ではなかった武蔵国

 このなかで武蔵国(現在の東京都・埼玉県のほぼ全域、神奈川県の東部)は東山道(とうさんどう)に属することに。その東山道には武蔵国のほか、美濃国・飛騨国・信濃国・上野国・下野国・陸奥国がありました。

 ただその後の交通ルートを見ると、武蔵国は東山道より東海道に属したほうが自然に見えます。なにしろ江戸時代の東西を結ぶメインの街道は東海道であり、現在も東海道には、新幹線や東名高速道路という幹線(主要な線)があるからです。

 しかし武蔵国が東山道に属した背景には、同国が関東の中心地ではなかったことが上げられます。

 第21代天皇となる雄略天皇(418~479年)の名が刻まれた国宝「稲荷山古墳出土鉄剣(いなりやまこふんしゅつどてっけん)」は、現在の埼玉県行田市にある埼玉古墳群から出土しており、また古代の豪族が栄えた遺跡の多くは上野国(現在の群馬県)など、関東北部から出土しています。

 こういったことからも、大和朝廷が内陸部のルートを通って次第に関東へと進出したことや、その後も長らく上野国が関東の中心地となっていたことがわかります。

 このため、東山道は武蔵国から上野国まで達してから西へと向かうルートがとられていたというわけです。現在、遺跡が保存されている西国分寺駅付近には、武蔵国分寺だけでなく武蔵国府も存在していました。もともとの武蔵国の中心地もこのあたりだったのです。

続きはこちら

  • ouor*****

    立派な遺構の写真のとおり、本当に大きいです。そして記事中にもある通り、起伏があるところを(復元された道路から、直線で400m程度南にある武蔵国国分寺は、国分寺崖線を降って評価差15mもある)無理に通しています。当時の技術を鑑みれば、徴発されたであろう人足の苦労が偲ばれます。自分が人足なら逃げ出しますね。

    • kwvd*****

      筆者である「業平橋渉」さんというお名前が気になり、検索したところこのような面白い記事をたくさん拝見することができました。地理から辿る歴史は本当にたのしいですねぇ。

      • tylwp*****

        この道については、以前ブラタモリでも紹介されました。西国分寺になんでこんな広い道が?と思っていましたが、東山道から分岐して武蔵国分寺を経て武蔵国府(府中市)へむかうルートだったのだと改めて学んだところです。

        • uss*****

          都立多摩図書館を出て目の前にベンチすらない本当にだだっ広いスペースがあって、目の前のマンションの土地なのかな?とか、芝生でも張ったらいいのにとか思っていたんですが「遺跡」だったんですね。失礼しました。先月行った時はラジコンカーで遊ぶ近所の子供たちが一組いるだけだったような笑

          • vlfs*****

            これは、興味深いなぁ。自分は府中市に住んでたけど、そこまで足を延ばしたことが名かtt。今は厳しいけど、落ち着いたら、訪れてみたいね。

            • pyq*****

              どうでもよいけど、地図の東海道の路線って正しいのかな。古代は武蔵の国の海岸部は湿地帯だったので、東海道は相模の国から安房国に海路で渡っていたと聞いたことがある。だから、都から近い順に千葉県南部が上総国でその北側、湾岸を辿ると西側が下総国になっている。東京湾の湾岸線を東海道が通っていたとしたら、上総と下総は逆にならなければならないというんだけど、確かにその方が理屈が通っているような気もするんだが。

              • qoi*****

                いやだからこの記事にある通り、武蔵は当初東山道所属で、東海道は武蔵をスルーして相模国の今の横須賀走水から浦賀水道を渡って房総半島に至って上総→下総→常陸…と続いていた(安房は後に上総から分立した)。昔は東京湾に注いでいた利根川や渡良瀬川、そして荒川が入り乱れ、そもそも陸地であったかも怪しい今の江東・墨田・葛飾・江戸川区辺りは歩いて行ける状況ではなかったから。でも平安時代もある程度過ぎるとそれなりに陸地になって「伊勢物語」の「すみだ川」(あるいはミヤコドリ)のエピソードにあるように後の江戸の辺りから下総国府(現・市川)へ歩ける道ができて武蔵は東海道に移管され、公式文書の逓送経路も相模→武蔵→下総→上総→安房と、上下が逆になった。当たり前のことで、今だって新幹線が開通すれば在来線が寂れるように、交通路が時代につれて変遷するのは良くあることです。

            • ttbig*****

              当時は今と海岸線が全然別物だから武蔵国が主要地じゃないのは仕方ない

              • jpy*****

                GOOGLEMAP見てきたけど車道より歩道の方が広かった(笑)

                • opnwr*****

                  八国山は、となりのトトロに出てくる七国山のモデルです。

                  • qrc*****

                    須恵器が片町竪穴住居

                    アーバン ライフ メトロ

                    Posted by jinchangz