おもてなしの心は同じ 日本航空社員、レクサスとヒルトンに出向

 日本航空グループの社員が2月から、高い接客のスキルを生かせる職場として、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」の販売店や高級ホテルのヒルトンに出向している。日航は新型コロナウイルスの影響で業績が悪化し、グループ全体3万5600人のうち1日当たり最大1000人を自治体、物流やコールセンター、教育機関、家電販売などグループ外の企業に出向させている。日航は新しい二つの出向先について「同じように世界中のお客様にサービスを提供する企業として、相互に学び、切磋琢磨(せっさたくま)する関係を築きたい」と説明している。

 「おめでとうございます」。千葉市花見川区の販売店「レクサス幕張」で新車の納車セレモニーが開かれ、冨谷沙絵さん(25)らスタッフ約10人が拍手をして祝った。顧客が運転して駐車場から出ていく際には、一列に並び、深々とお辞儀をして見送った。

 日航グループの地上旅客係員として成田空港で働いていた冨谷さんは、レクサス幕張の販売店で顧客を出迎え、飲み物を出し、電話応対をする。冨谷さんは「スタッフが細かな所作までこだわりを持って働く姿に感銘を受けた。車についての知識を深め、お客様に寄り添えるおもてなしをしたい」と語る。

 入社して3年。「日本の良さを伝え、お客様にすてきな思い出が残るようお手伝いしたい」と、国際線のチェックインカウンターなどで働いた。感染拡大の影響で業務量が大幅に減り、空港での勤務は月に10日と半分になった。旅客が消えていく姿を目の当たりにし、「こんなに変わるのかと、ぐっと心にくるものがあった。この先、また仕事ができるようになるのだろうか」と不安を感じた。上司から出向の打診を受け、「自分の成長につなげたい」と快諾した。

 千葉トヨタ自動車が「接客や接遇に優れている人材を派遣してほしい」と日航側に働きかけ、地上旅客係員3人を県内のレクサス3店舗で受け入れた。全国のレクサス販売店のスタッフは2005年の開業を前に「最高のおもてなしをする航空会社を目標にしよう」と日航などで接客の研修を受けた。千葉トヨタの豊田好夫副社長は「開業時にお世話になった。ぜひ来てほしかった」と語る。レクサス幕張の稲毛輝政ゼネラルマネジャーは冨谷さんを「のみ込みが早く、レベルが高い。心温まるおもてなしは同じで、刺激を受けている」と高く評価している。

 冨谷さんが顧客に日航グループから出向していると自己紹介すると「空港は今どういう状況なの」「頑張っているね」と声を掛けられる。冨谷さんは「励ましてもらえてうれしい。立ち止まっている場合ではない。ここで頑張って、経験を空港で働く仲間に伝えたい」と前を向く。旅客でにぎわっていたころの空港のターミナルの光景が脳裏をよぎり、「空港ってすてき」との思いは強い。空港での勤務を見据え、「コミュニケーションのスキルを磨きたい。レクサスのスタッフは和の心を大切にしていて、日本航空にも通じるものがあり、美しさを表現できるようになりたい」と話した。

 成田市のホテル「ヒルトン成田」の直営レストランで、日航の地上旅客係員5人がスタッフとして7月まで働いている。客席に料理を運び、食べ終わった食器を下げ、感染防止対策のためテーブルを入念に消毒する。ルームサービスで食事を届けることもある。外国人の利用客も多く、英語での案内は欠かせない。空港のラウンジ(特別待合室)で勤務していた斎藤光さん(22)は「ホテルのスタッフがホスピタリティーを大切にし、フレンドリーに接する姿勢を学びたい」と意欲をみせる。

 ホテルは受け入れるにあたり「高いサービスのレベルが求められる」と、ヒルトンのブランドについて説明し、基本動作の訓練をした。ヒルトン成田の林直樹・料飲サービス統括支配人は「あいさつや身だしなみ、言葉遣いは私たちのほうが勉強になり、語学力も高い」と話している。【中村宰和】【写真特集】レクサスで活躍するJAL社員

続きはこちら

  • urrhf*****

    賛否両論や複雑な心境はもちろんあるとは思うが、未曾有の事態で飛行機利用の需要が著しく下がり、会社業績があまりにも悪くなってしまったことは事実。そんな中で前向きに別のステージで働いておられる姿は素晴らしいと思います。ここで培った経験がいつか航空会社に戻られたときに活かせる日を想い、挫けずに頑張って欲しいです。

    • uhxxh*****

      戻るの?

    • mqgsv*****

      違うだろう、こういう時だからこそ、地元のスーパーや商店街に行くべき。

    • nhpv*****

      元々そんな素晴らしい接客していただいてると思った事ないけどね….マニュアル読むだけ、感情のないAIみたいな音声で接客されてもね….

    • abdt*****

      男性社員からしたら高嶺の華のCAさんが職場にいるのは嬉しいだろうね。モテすぎて仕事しにくいかもしれん。

    • wuv*****

      JTBなんかはGoToキャンペーン、時短協力金審査、ワクチン接種の会場管理などの事務仕事を請け負っている。書類のやり取りは、一枚でも540円だかの郵便局のレターパックを使う。儲かるところが儲かるようにできている。

    • ujil*****

      実際に他の業界で同じような状況に陥ったら、このように会社へ在籍したまま他業界へ働く場所を対応してくれるか?、って考えると、どうみても航空業界への好待遇は異常だと思う。私はこの対応は否定的にならざる得ない。

  • gnf*****

    この会社じゃないけど、うちにも航空会社のCAさんと元CAでいまは教育係りの女性が3人、副業で来てもらってます。もうそろそろ半年かな。最初はお一人。その後その方の紹介でお二人。人間関係は円滑に、みんな話し方が変わってきました。最初のうちは特に立ち居振る舞いが注目されるので、慣れるまではかなり疲れるだろうと思う。受け入れ側は是非とも、そこを配慮してあげてほしいです。うちは3人になってからは、3人だけで使えるように多目的室を一つ用意しました。ソファや給湯道具一式入れて、仕事もできるし、休憩もできるように。うちのお三方は見事に順応してくださってます。しっかりしてる人がふと気を許してくれてる時が、一番打ち解けやすさを感じます。また空へ戻れる日が早くくるといいね、と言いつつ、このまま残ってもらってもうちは構いませんよ、と話してます。

    • hwlnm*****

      やりますねぇ

    • hxo*****

      素晴らしい会社ですね!

    • kgdq*****

      三人だけで使えるお部屋を用意、素敵な心遣いですね。

    • sid*****

      どういう仕事をお願いしてるんですか?

    • orm*****

      すごくいい話。感動、涙。

  • ftush*****

    日本航空の社員ですら、この状況。格安航空機の社員などはどうなっているのだろう?あと、バス会社の社員とか。政府は、飲食店に限定して、わずか2~3時間の時短で6万円ばらまいているが、「どの業種に支援金を渡すか」ということを国会でもっと真剣に考えてほしい。ま、ブレーンの官僚たちが飲食店での接待三昧だから、飲食店を優遇するのはわかるような気もするが…。

    • mgh*****

      この方達は日本航空の社員ではありません。

    • qrruz*****

      仕事があることが幸せなんだと実感しますね…

    • jbin*****

      大手私鉄系バス会社ですが利用者さんには言えないようなコストカットをする準備が次々と進められています。地域によっては路線バスでの通勤や通学が大変なことになるんじゃないですかね。

  • yofw*****

    出向とはいえ、レクサスとヒルトン、素晴らしい会社で働けてるのは幸せだと思う。

    • uxus*****

      レクサスの受付の女性は、ちゃんと「こいつヤフコメ民だな」って見抜いてたんだからスゴいですよw

    • iphoj*****

      レクサスの勘違い受付嬢に、本当のおもてなしを教えてやって欲しいな!

    • lodvy*****

      レクサスって地場のトヨタディーラーやぞww

    • lty*****

      DAIHATSUや、スズキじゃ?別にレクサスも大したこと無いと、思うけど

    • nns*****

      スズキやダイハツの店舗ではマズいのですかね?

    • zcge*****

      マツダだってあの黒店舗で高級感あふれてるんで来てほしいが。

    • zcm*****

      ちなみに近所のレクサスの受付は30過ぎの元キャバ嬢。ケバいけど評判は良いです。

  • xjn*****

    航空会社のノウハウを活かして、ではなく他業種で新たな知見や経験を学ばせてもらう、という視点なら成功すると思う。

    • css*****

      いい試みだよなあ。日本企業って一旦離れると戻れない風潮があるので、こういうのはある種の転職みたいな感じに捉えられればいいと思う。行く方も迎える方も新たな発見や学びがあるので、それをいいことも悪いことも経験としてJALに戻った時に活かせればもっと良いサービスが生まれるきっかけになると思う。外の世界を知る良いチャンス。

      • ktj*****

        会社の外に出て初めて自分の会社の課題に気付くということも多い

    • jtp*****

      コロナが収束して、いざ業務再開となったとしても、専門のスキルが必要な職種ほど、解雇してたら再開まで相当な時間がかかる。コロナ不況で経営状態も厳しいなか、なんとか雇用を維持しようとする姿勢は経営陣の英断。コロナが収束したら、ヒマさえあれば飛行機や鉄道を使って、少しでも立て直しに協力しますから、それまで頑張ってください!

      • lgle*****

        地上のグランドスタッフには専門のスキルは必要ないですよ。資格も必要ないし、誰にでも出来ます。

    • aacn*****

      「よい化学反応」が生まれる気がする。JALから出向した方が元に戻っても異業種での経験は生きる。出向を受け入れた会社でもJALから社員を受け入れた経験は多様性を生むはず。やむを得ない措置として始まった出向。だけどそこから得られるプラスもある。双方プラス、Win-Winの関係になるといいな。

      毎日新聞

      Posted by jinchangz