福島から大阪へ避難10年・夫婦の思い「子どもたちはがんばってくれました」【#これから私は】

南相馬市原町区出身の夫婦、東住吉へ避難し10年

 「あれから10年、私たち家族は大阪の友人や近所のみなさんのおかげでここまでやってこれました」と話すのは、大阪市東住吉区で鍼灸治療院を営む加藤大助さん(50)、清恵さん(46)さん夫妻。2011年3月11日、当時住んでいた福島県南相馬市原町区の自宅は大きな揺れに見舞われた。自宅から約23キロの東京電力の福島第一原子力発電所の事故を知り、子ども3人と着の身着のまま友人を頼り大阪へ避難し10年。加藤さん夫妻は「自分たちは必至で子どもに説明もせず大阪へ来ましたが、文句ひとつ言わず頑張ってくれたから今があります。感謝です」と感慨深げに話してくれた。

/* sc-component-id: sc-gqjmRU */
.kDbGuZ{margin-top:20px;}
/* sc-component-id: sc-htpNat */
.bKFEDn{width:990px;margin:auto;padding:12px;background-color:#4e555d;}
/* sc-component-id: sc-bxivhb */
.gPlJgd{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;-webkit-align-items:stretch;-webkit-box-align:stretch;-ms-flex-align:stretch;align-items:stretch;margin:0 -8px;}
/* sc-component-id: sc-ifAKCX */
.esrMco{width:25%;padding:0 8px;}
/* sc-component-id: sc-EHOje */
.ickGY{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .ickGY:hover{opacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .ickGY::after{content:";display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 0) 0;}.exrhXL{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .exrhXL:hover{opacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .exrhXL::after{content:";display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 1) 0;}.jhZTma{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .jhZTma:hover{opacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .jhZTma::after{content:";display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 2) 0;}.KjZLf{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .KjZLf:hover{opacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .KjZLf::after{content:";display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 3) 0;}
/* sc-component-id: sc-bZQynM */
.etOMYq{display:block;font-weight:bold;font-size:1.4rem;color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-gzVnrw */
.hsGpd{display:block;margin-top:4px;font-size:1.2rem;line-height:1.2;color:#8a8f95;}
/* sc-component-id: sc-htoDjs */
.jjGYP{margin:12px 20px 0;font-size:1.3rem;}
/* sc-component-id: sc-dnqmqq */
.dbIXmq{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;}
/* sc-component-id: sc-iwsKbI */
.bACKiA + .sc-iwsKbI{border-left:1px #3c4147 solid;}
/* sc-component-id: sc-gZMcBi */
.JliRI{display:block;padding:0 10px;color:#fff;} .JliRI:hover{color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-bdVaJa */
.NBdyd{background-color:#fff;padding:12px 0 20px;font-size:1.2rem;line-height:1.6;text-align:center;}
/* sc-component-id: sc-bwzfXH */
.gaFnxp:visited{color:#639;} .gaFnxp:hover{color:#cc3434;}【拡大写真】大阪・東住吉の治療院が開業3年目を迎えた際の加藤さん夫妻

続きはこちら

  • cuv*****

    京都時代の同級生が大阪への道を拓いてくれて、南相馬の患者さんが加藤さんを頼ったり、待っていてくれる。みんなが気にかけてくれる良い人なんだろうなあ。

    • tietz*****

      記事を見る限り人生のタイミングというか、もし別荘などに行ってたら違った人生だったかもしれない。覚悟を決めて決断に決断を重ねたお父さんはすごい。それを支えた奥様、子供さんらもさらにすごい。家族はひとつ、ですね

      • kss*****

        福島に残るのも、避難先で新たな生活を築くのも、いずれも被災者以外には想像できない困難があったと思います。それぞれのご判断を尊重し、思いやりのあるコメントをお願いいたします。

        • zasp*****

          説明ができなかったとありますが、きっと子供さんたちは、わかってくれてるのでは。だって、こんな頑張り屋さんで、自分たちを守ってくれたご両親の背中をみて育ってるわけだから

          • idl*****

            相当なご苦労をされたと思いますが、子どもさんたちも頑張ったんですね。きっと社外に出たらみんなから慕われる素敵な女性になると思います。これだけの困難も乗り越えてきたんだから

            • vcxhj*****

              父親の決断力が素晴らしい。俺なら判断が出来ず、あたふたしてしまう。それと、良い友を持ってたね。全てが一つになり今があるよ頑張って下さい。長居はゴチャゴチャした下町ですが住みやすいと思います。

              • jmmv*****

                渡辺謙さんの原発事故の映画をテレビで見て、この記事を読むと本当に切ない。だれも悪くない、どこに怒りをぶつけたらいいかわからないし、みんなが辛いんだよね。そんな中生活しておられる加藤さんご家族が、遠くでがんばっておられる姿に感動。うちの子にもあとで読ませます

                • tkqtx*****

                  糞映画をみて感動しているリテラシーの無い馬鹿っているんだな。

                • gxv*****

                  事故は100%東電が悪いよ。準備してなさすぎ。

                • wzfv*****

                  いやいや。東電に怒りぶつけてたでしょ。因縁付けて訴訟のお祭り騒ぎだったじゃない。八つ当たりにもほどがある。

                • spe*****

                  映画の件ですが、福島県民としては違和感しかなかった。家族も職場も友人も「なんか違うよねー」「知らない人が見て、あれが真実だったのかと思われたら嫌だねー」と話してた。

              • slvdn*****

                とても稀で幸運な例かと思います。私の住む福島の隣県も被害がかなりありましたが、避難して来て、そのまま定住した方たくさんいます。みなさん、アパート暮らしです。仕事探しも大変だったと思います。小さな町ですが、子どもも大人もできることを協力しました。この方は、友人だけでなく、経済的に余裕があったから、1年で開業出来たのだと思います。私の友人も同業者ですが、機材は驚くほど、高価なものです。

                • yqx*****

                  内科医のおじいちゃんは残って診療しつづけたのかな…ずっとそれが気になって読みすすめていました。人生は何が縁になるかわからないですね。一人一人との出会いを大切にしたいと改めて感じました。

                  • mnyt*****

                    大阪では一緒に暮らしてはいない様子ですね。おじいちゃんの現在も知りたい。

                • kvbt*****

                  福島第一原発には①格納容器に固まった燃料(デブリ)をどう取り出すのか。②放射線が付着した生活ゴミ等の「放射性廃棄物」の線量をいかに下げて処分するのか。③「汚染水」は安全なのか危険なのかさらにどう処理するか。④そもそも廃炉の定義とは? 概ね4つの論点があることがわかった。