何が優勝した小祝さくらと11位に崩れた渋野日向子の明暗を分けたのか?

ゴルフの国内女子ツアー「Tポイント×ENEOS」の最終日が21日、鹿児島・鹿児島高牧CCで行われ、黄金世代と呼ばれる1998年度生まれの小祝さくら(22、ニトリ)が3打差を逆転して優勝した。2週前の「ダイキンオーキッドレディス」に続く今季3勝目で、賞金ランキングは3位から1位に躍進。コロナ禍の影響で、シーズンが2020年と統合された今季の獲得賞金は1億円を突破した。
 同じく黄金世代で注目の渋野日向子(22、サントリー)は5打差の11位。期待されたサンデーチャージは今年初戦の「ダイキン|」から3試合連続の不発に終わった。第2ラウンド(R)終了時点で小祝は通算8アンダーの4位、渋野は通算5アンダーの15位。最終的に2人の差は2打広がったが、明暗を分けたものは何だったのだろうか? 最大の要因は風への対応の違いだった。
 大会2日目の20日は激しい雨によるコースコンディション不良のため中断となり、そのままサスペンデッドとなった。ホールアウトできなかったのは2ホールを残した渋野ら26人(小祝は競技を完了)で、最終日は午前7時過ぎから第2Rの残りを行い、続いて最終Rが始まった。前日の雨に変わって、選手を悩ませたのが風速10メートル以上の強風である。
 この日のベストスコアは2アンダーの70で、アンダーパーは64人中12人。平均スコアは74・2969と多くの選手がスコアを落とした。
 厳しい条件の中で秀逸のプレーを見せたのが、この日のベストスコアの70で回った一人の小祝だった。
「自分の弾道は高いので、風の影響を受けやすい。風の強い日は苦手だったので、ここ1、2年は低い球筋も打てるように練習してきた。きょうも結構使いました」 クラブを短く持ち、フルスイングはしないスリークオーターでのコントロールショット。ショットの精度の高さには元々定評のあるショットメーカーは「ボールの位置は少し右足寄りで、手を先に切り返さないことに気をつけている」と風に左右されない力強い球を自在に操り、この日はピンまで約240ヤードと短く設定された15番(パー4)ではワンオンにも挑戦してバーディーにつなげた。
 最終日に2打差を逆転した今季の“開幕戦”「ダイキンオーキッドレディス」では、風を伴う冷たい雨が時おり激しく降った最終日に4アンダー(68)をマークした。そして、今回の優勝。「後半は耐えるホールが多かったけど、ボギーを打たずにパーを拾えたのが大きかった。特に18番は本当に難しくて、みんなどうやっていたんだろうと思った。練習の成果が出せてうれしい」と苦手は克服。今では風ともすっかり友達になった感がある。
 一方の渋野は、クルクルと向きが変わる目に見えない自然のハザードに苦しんだ。
 序盤は2番(パー4)から2連続バーディーと優勝争いに加わったが、それ以降は失速。5番(パー4)は残り135ヤードの2打目でグリーンをとらえることができずにボギーを打ち、13番(パー5)は「記憶にないかも」という2打目をOBしてダブルボギー。「フルショットの回数を減らし、抑えるショットで振り切ることを考えていた」と考え方は小祝と同じだったが、こちらはこのオフから取り組むスイング改造の真っ最中だけに、小祝との完成度の差は歴然だった。
 最大瞬間風速18メートルの強風が吹いた前週の「明治安田生命レディス・ヨコハマタイヤ」第2Rは2018年のプロテスト合格後、初のバーディーなしの4ボギーの76。強風が収まらなかった翌日の最終Rは77とさらに乱れた。
 「ダイキンオーキッドレディス|の最終Rもオーバーパーの73。迎えた今回は、「この2試合は風にかなり苦戦した。いかに打ちたいショットを打てるかがカギ」と風へのリベンジを期していたが、「フォローやアゲンスト(の風)の中で距離を合わせるのが難しかった」と、返り討ちにあってしまった。

続きはこちら

  • jxkm*****

    小祝さん、おめでとうございます。ゴルフはその時々で旬な選手は変わるもの、渋野さんはスイング改造中ですが良いゴルフだったと思います。間違いなくひとつ二つ上のレベルでやってもらう選手ですからね。小祝さんの低い弾道の球筋は昨日は練習の成果が出ていたのではないでしょうか?彼女のアプローチ、ショットの安定感は日本女子では現在では抜けてますよね。女子ゴルフは話題が多くて楽しみ。

    • bkmh*****

      二人ともまだまだこれからの選手だと思います。今回どっちがどうだったかなどということよりも、お互い切磋琢磨して、これからもおもしろいゴルフを見せてくれたら、ファンとしてそれ以上望むことはありません。より高みを目指してスイング改造でもなんで挑戦したらよいと思います。

      • dnhu*****

        小祝さくらはいつもニコニコして可愛いが、あと一歩で優勝できない時は欲が無さすぎるのが災いしているのかと思った。しかし一度優勝したらその後は破竹の進撃だ。ニコニコしているのは冷静だったからだったと見直した。今後もその調子で頑張って世界戦でも活躍して貰いたい。

        • tmnrz*****

          コーチに集まる女子プロ達と切磋琢磨できる環境も大きいと思うよ。桃子とか強いプロが練習パートナーになる訳だから。

          • vkv*****

            もともと安定しないショットを強気のパットでカバ-してきた。スイングの完成度は誰が見ても小祝が上。それでショットの制度を上げるためにやったスイング改造が陥穽になった。だいたい小祝にドライバ-で20ヤ-ド近く置いて行かれるとパ-オン率は悪くなるしバ-ディ-奪取率もパ-セ-プ率も落ちる。前のスイングは高校時代からずっとやって来て完成度は今のより上だろう。不振にも陥ってないのにスイングを変える渋野の気が知れ無い。

            • swqfi*****

              ははは、何様なバカ

            • pnhoz*****

              完成されたものを一度壊して、より高みを目指してのステップ段階。単に日本ツアーで勝ちたいなら、今のままでいいだろうが。

          • oup*****

            どう見てもスイングの安定感と思います。全英の優勝はたまたまのように思います。ただ、ゴルフは上手いというより、強いと思うし、実績のあるコーチをつけるべきでしょうね実力はあるんだから。

            • kgw*****

              たまたまなら、参加資格さえあれば誰でも勝てるよ。

          • hpmy*****

            アプローチの差は凄く有ると思う。

            • nnnzn*****

              その時の調子次第だと思うよ。全米の時、小祝のアプローチは全く寄ってなかった。

          • bwqyt*****

            一気にフィーバーし周囲からチヤホヤされる立場となってしまい挙句の果て同じ症状で失敗している石川に助言を求めるシブコ今までの苦難をコツコツとした努力で抜け出したさくら明暗は昨年で完全に分かれてますよ。

            • vsd*****

              あんたみたいにチヤホヤしてない奴も、少なからずいるよ。人の足を引っ張ることに執念を燃やし、嫉妬に狂うアホな奴がね(笑)。

          • gnsh*****

            それでも、11Tに入っているのだ。渋野だから批判されるが他の選手だったら、「よくやった。」と、拍手されるところだ。次回に期待してます。私個人では、批評するのはそれからにするよ。

            • vomkz*****

              アンチは、優勝者と比較して貶めたいのだろう。

          • xodfj*****

            暮れの全米を教訓にわずかなオフ期間に技術磨いたサクと、TVマンとTV漬けに明け暮れたシブと比較しないでほしいね。